手書きPOP実践前に決めるべき5つの●●

手書きPOPで成果を上げる。

ココが、あなたと僕の共通の目的だと思うんです。

…じゃあ、どうすれば、

手書きPOPで成果を上げられるのか?

どうすれば、成果に繋がる手書きPOPを書けるようになるのか?

具体的に、ステップ立ててお伝えします。

一緒に考えていきましょう。

手書きPOPを実践していくうえで、まず、やっていただきたいこと。

それは、「5つのステップ」。

5つのことを決めていただきたいと思っているんですね。

…具体的には、どんなことか?というと、

こんな感じです。

<手書きPOPの実践5ステップ>

●Step1.フォーマットを決める

●Step2.内容を決める

●Step3.レイアウトを決める

●Step4.ペンを決める

●Step5.設置場所を決める

 
この5つです。

「…臼井さん、そんなこと堂々と言っているけれど、

 そんな当たり前なこと、今さら言われてもねぇ、、、」

って、思いました!?

NO,NO,NO!!

そんなこと言っていないで、まずは、この5つを決める。

だって、これが手書きPOPのキホンだから。

言ってみれば、手書きPOPの骨格になる部分です。

ここがグラついていると成果には、なかなか繋がらない。

繋がっても、一過性で終わる場合が多いです。

(…マグレ当たりね)

もちろん、メッセージ部分にどんなことを書けば、お客さんに響くのか?

そこも大事。(興味あるでしょ?ココ特に(笑))

だけどまずは、上記で言った【5Step】を決める。

そこが、すっごく大切です。

<手書きPOPの実践5ステップ>

以下6つのことを事前に決めておくと手書きPOPが、効果的に実践可能になります。

 バックナンバーをこちら。

■手書きPOP実践Step0.「商品を決める」

■手書きPOP実践Step1.「フォーマットを決める」‏

■手書きPOP実践Step2.「内容を決める」‏

■手書きPOP実践Step3.「レイアウトを決める」

■手書きPOP実践Step4.「ペンを決める」

■手書きPOP実践Step5.「設置場所を決める」

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。