新聞でも紹介いただきました

テレビでも取り上げていただきました

全国の書店でも販売

選ばれるお店
隣の小さな女性はわが社の宣伝部長です^^

Amazon売れ筋ランキング第1位

出版直後には、Amazon売れ筋ランキング店舗・販売管理部門で第1位にランクインいただきました。

選ばれるお店 Amazon
2019年11月29日調べ

POPで集客も実現できる

POPは究極の販促ツールだと思っています。「究極?言い過ぎでは?」「POPはPOPでしょ」と思われるかもしれません。しかし、POPを学べば、販促、集客活動に必要なことの全てを網羅できるからです。

POPは、たった1枚の紙でお客さまの心を動かします。お客さまに興味を持ってもらい、商品を購入していただく。この一連の流れを、あの小さな紙の中で実現できるのです。

どうすれば、お客さまは商品に興味を持ってくれるのか?どうすれば、お客さまは行動(購入)してくれるのか?あの小さな紙が、あなたの伝えたいメッセージを代弁してくれる頼もしいパートナーなのです。

POPで伝える術は、接客であっても、フェイスブックやインスタグラムといったSNSにも活用できます。POPで伝え方の本質を習得し、実際にチラシでの集客につなげている会員さんもいらっしゃいます。

いきなり3倍以上のリターン回収

飲食店を経営される会員さんから、「お弁当の宅配サービスの認知度を高めるためにはどうしたら良いか」ご相談をいただいた事があります。

そのお店は、以前から宅配サービスをされていたのですが、認知度が低く、そのサービスをご存知でないお客さまも多かったため、折込チラシを配布することにしました。

結果は、初めての取り組みにも関わらず、投入した経費の3倍以上のリターンを回収することができました。さらにチラシの折込から1年経過しても注文の電話は止まりません。

実は、このお店の社長さんは、以前、POPセミナーを受講されました。その際、お店のPOPから始まり、お客さまへ配布するお便り(ニュースレター)、そしてチラシに取り組まれましたが、「POPの伝え方を学んでいたから、チラシをつくるのも苦じゃなかった」と言われています。

POP=コミュニケーションの極意

その他にも、ある地方のカメラ店では、POPで伝えるノウハウをDM(ダイレクトメール)に活用しました。お店の社長のキャラクターを前面に出したDMを作成し配布。

結果、シーズンの重点販売商品の売上は、取り組み2か月で前年比147%、店舗売上も117%を達成されました。

また、人口約3千人の町の洋菓子店では、お店のスタンスに共感してくださるお客さまに自店の存在を知って欲しいと、できる限りセールス色を抑えた折込チラシを配布。開業以来第3位の売上を記録しました。

さらに、都内の飲食店では、ポスティングチラシにPOPの伝え方を活用。「以前までは、待ちの商売でしたが、今は何かやれば、何らかの成果を掴める手応えと自信があります。売上は確実に、安定的に上がっています」とオーナーさんは自信を持っておっしゃいます。

POPをマスターすることは、お客さまとのコミュニケーションの極意を習得することに直結します。ご紹介した方々のように、POPの考え方を活用し、繁盛店になることは難しいことではありません。

目次・章立て

はじめに
第1章 なぜPOPを学べば、 繁盛店になれるのか?
1.小さなお店は誰と戦わなければならないのか?
2.小さくても戦える!POPと売場づくりで年商800万円アップ
3.POPは小さなお店の究極の販促ツール
4.あなたのお店が選ばれる理由をつくる

第2章 あなたのお店は大丈夫? よくある3つの残念ポイントとは
1.あなたのお店が逃すチャンス
2.アピールしない限りお客さまは逃げていく
3.売り逃しをしていないか?
3.なぜ、あなたのお店は口コミやリピートが起こらないのか?

第3章 POPを書くために 知っておきたい10のポイント
1.POPを書いても売れない理由
2.売れるPOPと売れないPOPの決定的違い
3.『魅せるPOP』と『伝えるPOP』
4.お客さまの心を動かすメッセージとは?
5.商品を売るために必要なこと
6.再来店を誘う商品選択のコツ
7.POPフォーマット【レイアウト編①】~まずは設計図を描け
8.POPフォーマット【レイアウト編②】~間違いだらけの知識
9.POPフォーマット【サイズ編】~説明するより視覚に訴えかけろ
10.POPフォーマット【ツール編】~手書きのメリットデメリット

第4章 突き刺ささる『POPネタ』が ひらめく10のポイント
1.ストレートに攻める~ズバリ“ひと言”で表現すると?
2.死角から攻める~お客さまが“知らない”ことは?
3.接客から攻める~売れたときに話していたことは?
4.泣き落としで攻める~もっとも苦労したことは何?
5.声から攻める~購入者は何と言っていた?
6.ビフォーから攻める~どんな悩みがあった?
7.アフターから攻める~どんな未来になれる?
8.誰がから攻める~あなたの1番のお気に入りポイントは?
9.お客さまから攻める~購入者の共通点は?
10.タイミングから攻める~なぜ今買った方がいいのか?

第5章 「共感メッセージ」を生み出す 10の法則
1.翌日から注文倍増!共感を誘え~メリットデメリットの法則
2.30秒でお客さまの心を掴む~ワンフレーズクエスチョンの法則
3.お客さまが本当に“欲しい”ものを見抜く~だから何?の法則
4.お客さまの世界に入り込め~架け橋の法則
5.価格競争とは無縁の世界へ~人ウリの法則
6.身近であるほど売れる~プライベートの法則
7.説得力のあるメッセージをつくりだす~年賀状の法則
8.たった1枚で前年比140%超え~第三者の法則
9.お客さまを味方につけろ~共感ポイントの法則
10.POPはラブレター~語りかけの法則

第6章 「売れるひと言」を見出す10のヒント
1.あなたの商品を人に喩えると?~擬人化のヒント
2.弱点をさらけ出すと?~あえて…のヒント
3.それって間違ってない?ちょっと待って!のヒント
4.もしも…がお好きなら?~百発百中『必殺トーク』のヒント
5.お客さまは秘密に弱い!?~実は…ここだけのヒント
6.具体的にいうと?~数字のヒント
7.あなたは使ってどうだった?~体験談のヒント
8.価値を上げるには?~希少性のヒント
9.お客さまは何も知らないとすると?~質問のヒント
10.これで苦手意識を払拭~分身のヒント

第7章 効果倍増3つのヒント&最後の一押し7つの事例
1.継続のカギは○○!モチベーションを持続する方法
2.売れるPOPかどうか?一発で見極める、ある質問
3.【POP=自信を掴む】最高のメソッド
4.事例①年商800万円アップを実現!店舗シアター化大作戦
5.事例②中身を見せて前年比売上400%
6.事例③初月から倍々ゲームで売上を伸ばす自宅サロン
7.事例④サービス業必見!物販が飛ぶように売れる究極のPOP活用術
8.事例⑤チラシに活かし、開業以来第3位の売上を達成した洋菓子店
9.事例⑥オンリーワンに必要なある存在に気づき、業績アップの飲食店
10.事例⑦1枚のチラシからラジオ出演、集客へつなげた中古バイク店

おわりに
特典

著者紹介

臼井浩二(うすいこうじ)1974年2月26日大阪府茨木市生まれ

POPセミナー講師 臼井浩二

社員2名、売場面積30坪の小さな産直店でほぼ販促費ゼロのなか、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。

こんな一風変わったお店での経験をもとに、現在は「商品・お客・従業員」3つの変化を引き起こすPOPコミュニケーション(通称ポプコミュ)提唱。現場スタッフのヤル気を引き出しながら業績を上げる手法には定評があり、サポート実績は200社以上。一部上場企業でのセミナーや研修など累計受講者数は、3千名を超える。

商工会や自治体で販促アドバイザーを務めるほか、大学や高校にて講義も持つなど担い手育成にも注力する。

講演・セミナー実績

全国BSC理美容協同組合、福井県福井農林総合事務所 農業経営支援部、大阪産業創造館、鳥取県日南町商工会、広島県世羅町商工会、徳島県美馬農業支援センター、道の駅うみんぴあ大飯、大津北商工会、山口県周南農業協同組合、三重県熊野商工会議所、みえ熊野古道商工会、高知県安芸商工会議所、いの町商工会、梼原町商工会、高知県地域農業推進課、中山間地域対策課、高知県産業振興センター、よろず支援拠点、高知県中小企業団体中央会、高知市中央卸売市場、高知市農業協同組合、四万十市商店街、高知卸商センター、いの町教育委員会、高知県立農業大学校、高知新聞社…その他、企業で研修多数

「4回読みました。使い倒してます」