インドア派のアウトドア

 

朝晩ずいぶん涼しい感じになってきましたね。

朝、散歩していても、タンクトップじゃあチョット肌寒いです。

(朝5時からタンクトップで外歩いてマス)

 

なんだかんだ言ってもう、9月も中盤に入りますもんね。

毎日、悔いのないよう全力で過ごしていきたいです。

 

 

というわけで、今日は日曜日。

恒例の先週1週間の振り返りをしておきたいと思います。

↑先週から日曜日の恒例にしてみました↑

 

 

DSC_1356

昨晩たのしんだ我が家のBBQの様子~インドア派のアウトドア←車庫で・・・

 

 

■店内の手書きPOPに統一感を持たせたい場合

手書きPOPを実践するなかで、、、

統一感っていう部分で困ってたりしませんか?

・・・一体どうすれば、店内の手書きPOPに統一感を保てるのか?

 

 

■売り込みをしたくなければ、手書きPOPをやった方がイイ

「もしも、あなたが売り込みをするのが嫌い、、、」

そして、「何かモノやサービスを売る仕事をしているとしたら、、、」

手書きPOPをやった方がイイですよ、

って、僕は自信を持ってお勧めします。

 

■手書きPOPはお店のウリ(個性)を創りだす

手書きPOPっていうと、商品やサービスの価値を伝えるモノ。

こう捉えられているのが一般だと思う。

 

・・・なんだけど、

実は、手書きPOPにはもっと他にも生み出せる価値があるんです。

その1つがお店のウリ(個性)を創りだす、ということ。

 

■店主さんの人柄が伝わってくるメッセージには 敵いっこない

「発信するメッセージに親しみを感じられるか?」

ここって、スゴク大事だよなぁ、って最近つくづく思います。

「発信している人の人柄が伝わってくる、、、」っていうのかな、

そこが伝わるか?伝わらないか?

ここで、読み手への響き方って、ぜんぜん違ってくる、

そう思います。

 

■「美味しい」って伝えるだけでは選ばれない

同じ1つの商品を売るとしても、、、

発信の仕方次第で、モノの伝わり方って変わります。

別モノの商品になる、

そういうコトだってあるんです。

 

・・・たとえ、他店で売られている商品だったとしても

あなたのお店を選んでもらえる、そんなコトだってデキるんです。

 

■「お店」と「お客さん」の思い違いに気づく

「お店」と「お客さん」ここには大きなギャップ、

思い違いっていうのかな、、、がある時が結構あって。

 

例えば、その1つ、「商品名」について。

お店は、ものすごくココに愛着がある場合が多い。

一方、お客さん側になると、、、意外とココには興味を示していない。

そんな現状があると思うんです。

 

というわけで、以上が先週1週間のおさらいです。

 

もしも、まだ読まれてない記事があれば、これを機会にご覧になってみてくださいね。

 

では、今日も笑顔いっぱい創って楽しみましょう。

高知は、久々の青天です。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。