こんなPOPを書いたら、意外と売れるんじゃないか

おはようございます、臼井です。

3連休の3日目、今日もキッチリ朝の散歩してきましたよ。

 

…っで、「さて、朝は何を食べようか?」

って、ふと考えながら、書かせてもらっています。

 

で、僕の頭にピン!と思いついたコト。

 

「前からある商品も、発信の仕方で売れるようになるんじゃない!?」

っていうことです。

 

 

わが家では昨日の朝、朝食にホットケーキを食べたんですよ。

 

でもね、そのホットケーキ、普通じゃなくって、、、

アウトドアしながら、ホットケーキ食べたんです。

 

こんな感じでね。

 

 

DSC_1363

インドア派の僕たちがやるアウトドアは、こんな感じ~わが家の車庫で、カセットコンロで~

 

 

娘がやりたい、って前の晩から言ってて約束してたので。

 

なので、車庫にアウトドア用のテーブル組み立てて(今シーズン買って、使うの2回目)。

カセットコンロを台所から下ろして来て。

・・・いちおう、雰囲気出すために、テーブルクロスも敷いて。

そんな感じで、普通に家の前の道路を歩く歩行者もいる中、ホットケーキモーニングをしたんです。

 

そしたら、意外と楽しかった。

 

なんかね、どこかのリゾートホテルで、朝を食べているみたいな気になって。

またやってみたい、と思ったんです。

(ホントですよ(笑))

 

 

いつものホットケーキを、休日、車庫でモーニング

 

・・・よく分からないんですけどね、

僕がふと思ったのは。

 

例えば、こんなこと。

いつも食べているホットケーキを、休日の朝は、車庫で焼いてみた。

・・・アウトドア用のテーブル組み立てて。

・・・カセットコンロを出して来て。

・・・雰囲気出すために、テーブルクロスを敷いて。

そしたら、なんか妙に楽しかった。

「リゾートホテルで、モーニングしているみたいな気になった」。

 

こんなコトをね、手書きPOPに書いてみたらどうなるんだろう!?

 

って、思ったんですよ。

 

 

テーブルとかチェアを置いてるアウトドア用品を売っている売場でもイイし。

もしかしたら、ホットケーキミックスを売ってる売場でもイケるかもしれないし。

 

「先日の週末、意外とこんな遊びしてみたら、超盛り上がりました」

っていうのを写真を入れながら、POPに書いてみる。

 

・・・意外とイケるんじゃない!?

って、思ったんです。

 

 

僕、いつも言っているんだけど、今って、商品力だけで差をつけるのって、スゴクしんどいです。

大概の商品って、よその同業他店へ行けば、売られています。

・・・もちろん、ネットでもね。

 

なんで、商品の品質とか、こだわりっていう部分だけで、価値を伝える。

これって、すごくキツいと思うんです。

だから、今言ったみたいなチョットした切り口を変える。

そんな視点って、必要だと思う。

 

っで、もう1つつけ加えるとしたら、さっきのホットケーキの話。

あれは、あなた(もしくは、スタッフさんの誰か)じゃないと意味がない。

お店の身内の方がやった、っていう所に意味があって。

 

売場に、「車庫でこんな使い方もデキますよ」

っていう手書きPOPを付けるのとは、また違う。

 

身近な人の、身近なネタ、っていうところに意味があるんですね。

 

 

・・・っと、今日は、チョット思いつきに近い内容で書いてみました。

(どんな感じだっただろうか!?)

 

というわけで、もうちょっとしたら娘が起きてくると思うので、今日のモーニング、

考えたいと思います。

(どんなアイデアが浮かぶんだろう、、、)

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。