社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

コミュニケーションが上手い人が例外なく備えている『ある能力』

結局はコミュニケーションだよな。

販売にしても、人付き合いにしても
全てはそこじゃないの?

そう感じることは多いです。

日々、どんな形であれ人と接触していますよね。

コミュニケーション抜きに
毎日を生活するのは難しいです。

「勉強できんでもいいから、これだけは…」

って、うちの宣伝部長(娘)にも言うと思う。

人生を満喫する上で味方になってくれる、

大切な能力、

それがコミュニケーションだと思っています。

ある日のことです、、
仕事で使う机をネットで買ったんです。

○万円する、そこそこの金額の商品です。

注文してから1週間近く経っても
発送されなかったんで心配になって問合せたんです。

「おそれいります、発送状況は
どのような形になっていますでしょうか?」

即、返信が来ました。

ご注文後にメールを送信しておりますが
メールの内容に沿って近日中に発送予定です。

お待たせして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

ネット通販会社さん

コミュニケーションとは、、

『相手の気持ちを思いやる事』だと捉えています。

家族との会話にしても接客にしても、

「今、相手がどう思ってるのか?」
「何を求めているのか?」

を察知して、それに応えるメッセージを返す。

相手を思いやる力こそがコミュニケーション力。

分かりやすい例で言えば、メールやチャットのやりとりで、

「…してください」
「…お願いします」

という文言、結構使うと思うんです。

ただオンラインは対面と違って、相手の表情が見えません。

だから誤解も生みやすい。

極端にいえば、「…してください」

という文章を読んで上から目線で命令されている
そう捉える人もいます。

コミュニケーションの正体

「あー、こんな言い方をすると
相手が不安になるかもしれないな」

「この言い方の方が嬉しいだろうな」

相手の気持ちを思いやり誤解のないよう、
負担のないようメッセージを投げかける。

『相手を思いやる力=コミュニケーション力』

そう考えています。

例文やマニュアルを提示して、

「こんな言葉がけがいい」

そう教える先生もいますが、ちょっと違和感を感じます。

言葉やメッセージは相手を思いやった
その先に出てくるものです。

表現は人によって千差万別です。

心に響く、

という表現をよくします。

求める答えをもらったり
気持ちをくんでもらっている。

そう感じるから、心に響くのだと思います。

オンラインでのやり取りが増える
今だからこそ、

『相手を思いやる力』

コミュニケーションの本質を
大切にしていきたいです。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。