字に自信がなくて手書きPOPが書けないのなら…こちらの筆文字講座がオススメ

手書きPOPセミナー大阪

 

本日から「オンラインで学べる筆文字講座」の教材を販売します。

『たとえ字に自信がなくても、手書きPOPやチラシが書けるようになる筆文字講座』

 

実は先週からメルマガ読者の方には、先行してご案内をしておりました。

ご購入者の方からもメッセージをいただいています。

少しご紹介いたしますと、

 

手書きPOPを店内に氾濫させます!(小売業 男性)

 

手書きポップの良さは分かっています。 字が下手なので、一歩が踏み出せません。 この講座で解決します。(飲食店 男性)

 

もともと字が下手なのですが。

以前こちらでマニュアルを購入して職場でトライしましたが、邪魔が入り却下されまして、今度こそ有無も言わせないようなチラシを作りたいと思います。

年賀はがきなどにも挑戦したいと思います。よろしくお願いします。(施術業 男性)

 

素敵な文字が書けるようになれば…

とにかく今は書くことが嫌いなので 少しでも好きになればと思います。(アルミサッシ施工販売業 男性)

 

といような感じで皆さんに意気込みをいただいています。

っで、実は今回の講座ご購入者には、ある傾向が見つかりました。

 

ご購入者にあらわれた2つの顕著な傾向

実は面白い事実がありまして、今回のご購入者には2つの共通点がありました。

 

まず、1つ目は、

1.「字に何かしら抵抗感を感じている方々」

「手書きPOPには興味がある」

「手書きでお客さまにサンキューレターを書きたい」

だけど、、、

「字に自信がなくて、なかなか実践へうつせていない」

「もしくは、実践してみたけど定着できていない」

そのような方々が今回の講座を1つのキッカケにされようとしています。

 

これは、何となく想定できる点ですよね。

では、次2つ目です。

2.購入者のすべてが●●

現時点、ご購入者の100%が男性です!

そう、すべてが男性の方からのお申込みです。

(僕、調べてみたとき、ちょっと驚きました)

 

他にもDVDの教材などを販売しているのですが、こんな傾向って実ははじめてです。

ご購入者が男性、女性どちらかに偏るってことは今までなかったですから。

調べてみて、なんかスゴイなと。

 

でね、おそらくですけどね、僕なりに考えたその要因の1つ。

それは、書く「字の種類」じゃないかと思います。

今回の講座で書けるようになる「筆文字」の見た目が関係しているのでは、と。

 

講座の案内ページを見ていただけると筆文字見本などを載せているので分かるのですが。

女性はもう少しオシャレな、可愛らしい字が書けるようになりたい。

だから、今回の講座には今のところお申込みされていないんじゃないかと、僕は想像しているのですけどね。

 

筆文字で書いたハガキ(サンキューレター)の見本

筆文字で書いたハガキ(サンキューレター)の見本

 

モッタイナイをなくしたくて…

手書きPOPなどの販促物で上げる「成果」と「字の巧拙」は、基本リンクしていないです。

字がヘタだから、、、成果が上がらない。

上手いから、、、成果が上がる。

ということは、ほとんど関係ないです。

お客さまはそこを基準にして、商品を買う買わないの判断をあまりしていないです。

(100%関係ないとは言わないけれど)

 

ただ、手書きPOPや手書きの販促物に興味はあるのに、字に自信がないことが要因で実践されていない。

これは、ちょっとモッタイなと思っています。

なので、字に自信がない方が実践へつながる、その1つのキッカケにしたくて今回の教材をつくりました。

 

冒頭の方々のように、

  • 手書きPOPを書いてみたい
  • 手書きの年賀状を書いてみる
  • 手書きのチラシをつくってみる

という方は、こちらから詳細をご覧ください。

「オンラインで学べる筆文字講座」

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。