ニュースレターを発行2号目。早速お客さまの「紹介」が起きた、あるリフォーム店さん

 

手書きPOPと一緒に僕がお薦めする「手書き販促ツール」。

その1つが、ニュースレターです。

 

 

ニュースレター発行のメリット。

ご存知の方も多いので詳述しませんが、その1つを挙げると、

「自社(あなた)の個性を際立たせ、その個性をお客さまに伝える。

 その結果、お客さまとの関係性が濃くなる」

というのがあります。

 

 

昨日も、ニュースレターをつかった成果報告がお聞きできました。

あるリフォーム店さんのお話です。

 

20代、ワーキングホリデーで滞在したニュージーランドにて

全然関係ないけど、20代、ワーキングホリデーで滞在したニュージーランドにて

発行2号目、ニュースレターを通じて紹介が起きた

昨日の忘年会の席でのこと。

あるリフォーム(工務)店の社長さんからこんな話が聞けました。

 

「ニュースレター発行2号目にして、お客さまからの紹介が起きた」というのです。

 

他社でほぼ決まりかけていた案件をお客さまが断られ、その社長さんのところへ依頼された。

見積云々(うんぬん)、、値段が高い、安いとか関係なしに一発で。

 

詳しく話を聞いてみると、、、

以前、施工されたお客さまへニュースレターを届けられていた。

(といっても、今夏から発行を始められたところなので、まだ2号目です)

今回ご紹介をしてくださったお客さまもそのお一人でした。

 

っで、そのお客さまが知人へ

「こんな方がいるわよ。一度話を聞いてみたら?」

みたいな感じ(上記のコメントは僕の想像)で、今回のリフォーム店の社長さんを紹介された。

…ニュースレターを見せながら、ね。

チラシより成果の上がるニュースレターの秘密

昨晩、リフォーム店の社長さんが印象的なことをおっしゃっていました。

「チラシなんかより、ずっと良いわ」

って。

 

この会社さん、もともと折込みチラシもやられているんです。

年に何回か折り込まれています。

さらに、そこへプラスして今夏からニュースレターを発行され始めた。

(2カ月に1回くらいの頻度で一緒に取り組みました)

 

っで、発行2号目にして、早速の成果です。

 

ニュースレターっていうのは、ご存知のとおり、お客さまとの関係性UPのツールです。

ただ、内容次第では今回のリフォーム店さんのように新規開拓にもつながります。

しかも、金額云々とか相見積がどう、、、っていうお客さまではありません。

「”あなた”に頼みたくて依頼をくださる」

少し大袈裟に言うと、あなたのことを気に入って依頼をくださるお客さまです。

 

ニュースレターを発行することで、

「自社(あなた)の個性を際立つようになり、その個性がお客さまに伝わる。

 結果、お客さまとの関係性がさらに濃くなる。」

こんなメリットが生まれます。

 

…今回、忘年会という少しお酒の入った席でお聞きしましたが、しっかりと僕の心に残るお話でした。

 

さて、今晩も忘年会です。

またお話聞けるかな!?

楽しんでキマス!

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。