擬人化して伝えると共感されやすいメッセージになる

 

人間は、モノやサービスよりも”人”に興味を示す。

僕はずっと言っていることなんですけどね。

 

例えば、あなたがフェイスブックをやっているなら、こんな経験ないですか?

モノや風景写真を投稿したときより、子どもやあなたの写真を載せたときの方が、”いいね!”多かった。

 

・・・旅行で撮った写真を見返しているときに、よく目が留まる。

思い返すことが多いのは、風景よりも人が写った写真。

 

・・・近所のおばさん達が井戸端会議をしているときの話。

それって、”人”に関する噂話が多い。

(参加したことないので分からないけれど、多分そう(笑))

 

なんとなく心当たり、ないですか?

 

僕たちって、モノよりも人に興味や共感を示す生き物なんです。

 

っで、この人間の習性というのは、販促物にも活かすことができる。

手書きPOPに書くメッセージを商品主体にしない。

人間主体にして書く。

すると、読まれやすい。

共感されやすいPOPメッセージになるのです。

 

商品のことを書くにしても、”人”に喩えて書く。

そう、擬人化の手法です。

手書きPOPチャンネル第11話~擬人化して伝えると共感されやすいメッセージになる 

 

読んだお客さんも楽しい気持ちになる。

そして、お店や会社自体の印象もよくなる。

どんな業種、どんな商品にもでつかえるやり方です。

ぜひトライしてみてくださいね。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。