POPのメッセージを考えるときは、この2つのやり方で

 

こんにちは、臼井です。

昨日、ブログを書けませんでした。

「あー、ブログ書けてない、、、」

って、いちおう気になっていたんですけどね(気になるというのは習慣化されているんですね)。

・・・販促物のサポートに2社入っていたのと1件打合せが入っていたし、、、

と自分に言い訳しています(笑)

 

さて、今日は手書きPOPのメッセージを考える2つのコツについてお伝えします。

昨日のサポートであらためて感じたことです。

 

昨日の高知はひさしぶりに1日雨・・・なので、以前撮ったお気に入りの1枚

昨日の高知はひさしぶりに1日雨・・・なので、以前撮ったお気に入りの1枚

 

POPのメッセージを考えるときは、このやり方で

手書きPOPやチラシをつくる時に、1つの壁になるのが、

「何を書くか?」

という問題です。

 

POPだったら、

「キャッチコピーは何にしたら?」

「メッセージにはどんなコトを書けば?」

という壁。

けっこう、立ちはだかりますよね。

 

っで、もしも、あなたがそんな状態になったとしたら、試してみてもらいたいコトがあります。

僕がサポートに入って、お店の方や社長さんとよくやる方法なんだけど。

 

 1.お客さんをイメージして、その時にどんな風にして声をかけるのか?

2.どうして、その商品をつくったのか?

  売りたいのか?を伝える

この2つの方法です。 

1.お客さんをイメージして、どんな風に声をかけるのか?

手書きPOPというのは、あなたの代わりに働いてくれるツールです。

あなたが忙しくて、他の仕事をしていても、、、

あなたの代わりに、お客さんに商品を紹介してくれる。

売ってくれる。

そんなツールです。

なので、POPに書くメッセージはあなたが普段、お客さんに話しかけるコトバ。

そのままが良いんですね。

 

接客するときに、あなたが話している内容。

コトバづかい。

それをそのままPOPメッセージにする。

ここがポイントです。

 

ただ実際、どんなことを話しているのか分からない。。

そういう方も多いと思います。

そんな場合は、実際に誰か1人お客さんを具体的に思い浮かべてみると、比較的思い浮かびやすいです。

「そのお客さんに何と話しかけるのか?」

その話しかけるコトバをそのまま、手書きでPOPのメッセージにしていきます。

2.どうして、その商品をつくったのか?売りたいのか? 

 ・・・これについては、書き出すと長くなりそうなので、またの機会にします。

 

まずは、1.のお客さんを実際にイメージして、その人にどんな風に話しかけるのか?

コレを考えてみてくださいね。

 

初めのうちは、仲のいい、親しい方をイメージするのがイイかもしれないです。

お客さんじゃなくても、お友だちでもいいので。

実際にイメージする。

そして、その人にどんな風に商品を紹介するのか?

どんな風に話すのか?

そこを考えてみましょう。

そして、そこで思い付いたことをそのままメッセージにしてみましょうね。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。