社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

これであなたも自信をもって味のある字が書ける

今日は、手書きPOPに書く字の話です。

全員が全員ではないのだけど、

「手書きPOPを書きたい」

そう思ったときに、よく出てくる悩みに、

字がヘタで自信をもって書けない、、、

というのがあります。

字のウマいヘタは、手書きPOPの成果には関係ない。

字に自信がなくても、

「あなたが書いているということをお客さんに伝える」

そこが大事なんですよ、と僕は何度も何度もお伝えしています。

ただ、字に自信がなくて、、、と悩まれ、手書きPOPを書けなくなっている方が多いのも事実です。

なので、今日は普段はあまりお伝えしない字の書き方についての話です。

もしも、あなたが字に自信がなくて手書きPOPの実践を躊躇されているのなら、、、

参考にしてみてください。

手書きPOPチャンネル第10話~これであなたも味のある字が書ける

少しでも自信を持ってもらって、手書きPOPを1枚でも書いてもらえると僕も嬉しいです。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。