【販促物に必要なこと】①書き手の存在感を伝える

POPの考え方というのは、色んな販促物に活用できる。

そんな話をセミナーなどでもよくしています。

…チラシであったとしても、DMででも。

もっと言えば、ホームページや名刺などでも共通の考え方になってきます。

当然ながら、店前看板でも言えることなんです。

では、販促物に共通する考え方というのが、何なのか?というと…

 

その1つが、【書き手の存在感を伝える】ということです。

例えば、これからお店の前にブラックボードを設置するとします。

店頭看板というアレです。

まずは、ボードの中身に何を書こうか?考えますよね。

「せっかく書くんだから、ちょっとオシャレにしたい」

「遠くからでも目立つように、派手にしたい」

「カラフルにしよう」

色々と思いがめぐると思うんですね。

でも、ここで忘れてならないのが、

「このボードは、いったい誰が書いたのか?」

ここを読んだ人に伝える。

感じてもらうようなメッセージを書くことが肝になる。

ということなんです。

だって、誰が書いたのか?

そこが伝われば、そのメッセージは他のお店にはないモノ。

あなたのお店独自のメッセージになるからです。

商品の特徴を書いたり、良い部分を書くのもOKです。

だけど、そういうメッセージというのは、他のお店でも書ける。

 

顔写真があるかないか?だけでも 存在感に大きく影響してくる

顔写真があるかないか?だけでも
存在感に大きく影響してくる

 

…似たような商品を販売しているお店があって、そこもボードを書くとしたら、もしかしたら同じような訴えかけ方をするかもしれない。

商品の特徴やメリットというのは、同じモノを売っている限り一緒じゃないですか。

そこを一生懸命伝えようとすれば、他のお店と同じセールストークになるかもしれない。

ということです。

切り口を変える必要があるんです。

同じ商品でも、切り口を変えることで、違うメッセージ(訴えかけ)になる。

独自のモノになるのです。

そして、その切り口の1つが、【書き手】だということ。

「私は、この商品について、●●と思うんです」

「私は、▲▲▲の部分が好きなんです」

とするだけで、独自の訴えかけになるということなんです。

あとは、私という人間がどんな人間なのか?を伝えてあげれば、尚更GOOD。

【書き手の存在感を伝える】というのは、販促物すべてに共通する考え方。

ここがある販促物とないモノとでは、お客さんの反響に大きく響いてくるんです。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です