【販促物に必要なこと】②お客さんの悩み

販促物をつくる上で、ぜひ意識してもらいたいこと。
それは、この3つ。1.書き手の存在感
2.お客さんの悩み
3.ハードルを下げる今日は、2つ目の「お客さんの悩み」について。(シリーズでお伝えしています

…販促物で1番多い悩み、それは、

「何を書けばいいのか分からない、、、」
コレなんです。
POPやチラシ、店頭ボードをつくりたい。
そう思うんだけど、何を書いたらいいのか分からない…ということなんですね。販促物で大事なことというのは、
【気づいてもらう】

【興味をもってもらう】

【心を動かしてもらう】
このステップを忠実に守ること。特に、【興味をもってもらう】ということが欠かせない。

だって、興味をもってもらえなきゃ、そもそも販促物自体を読んでもらえない。

…ということですよね。

 

じゃあ、興味をもってもらえる内容、メッセージって何なのか?

ここを考えてみる。
 ・
 ・
 ・
何でしょう?

 

その答えの1つは、お客さんの悩みです。

お客さんは、一体どんなことに困っているのか?

ここにフォーカスです。

アップルピッキングと言って、リンゴ摘みの仲間と…

アップルピッキングと言って、リンゴ摘みの仲間と…

自分が悩まされていることっていうのは、気になる話だったりする。
例えば、テレビでも何でもいいんですけど、自分の悩みに関する番組や話があったら目が留まるでしょ?
ちょっと気になって、「どんなのだろう?」って、なりません?
「何かヒントがあるんじゃないか?
 もしかしたら、解消できるんじゃないか?」
って、無意識に気になって見ると思うんです。
【悩み】=【気になる】⇒【興味のある話】
この図式が成り立つっていうことです。
そして、これは多くの方々に当てはまる図式。もしも、販促物に何を書いていいのか分からない…

そう思うのだったら、お客さんの悩みにフォーカスしてみましょう。

それがイコール、お客さんの興味のある話しになってくるはずですよ。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です