売り方を変えたら売れ残り商品が品切れになった話

「これも売れたんですか!」

はっきり言って
勇気をもらえました。

売り方次第で何でも売れる。

実証してくれたお店があります。

例えば、あなたのお店で
チキンラーメンを売っているとします。

近くにスーパーがあって
298円で売っている。

あなたのお店は420円。

ライバル:298円
あなた:420円

どう考えても100円以上高いわけです。

一体どうやって売りますか?

コカ・コーラ、食パン、カレールウなど
どこにでも売られている商品は
価格競争に陥りやすいです。

どこで買っても商品は同じなので
お客さまは価格の安いお店で
買おうとします。

個人、中小規模店にとっては
不利な状況ですよね。

大手に価格で対抗できませんからね。

しかし、あるお店さんが
『突破口』を切り拓きました。

どこのお店でも売っている、
量販店より2~3割高い、
インスタントラーメンを

売りまくりました。

普段だったら
半年で2~3個売れたら上々だった
ラーメンを2週間で品切れさせました。

正直これには驚きました。

「これも売れたんですね」

という感じでした。

というのも実は、以前も同様に
売りまくった事があるんです。

どこにでも売られている
他店より1.5倍近く高い
カレールウを売りまくりました。

「半年で10個売れるかな?」

の売れ行きだったにもかかわらず
同じ『やり方』を取り入れたことで
1週間で同量、その倍の数を売り切りました。

「近所のスーパーに行けば
100円近く安いんですよ…」

売ったご本人のスタッフさんも
驚愕の様子でした。

ある意味、今回は実験だったんです。

同じ『やり方』をして
インスタントラーメンでも
同様に売れたら…

「これ、本物だよね」

じゃあ、試してみようとなったんです。

結果はお話の通り。

半年かけても2~3個しか
売れなかったインスタントラーメンが
わずか2週間で品切れに。

品切れといっても多くはないですが
20個近くあった在庫が
一気になくなりました。

しかも1種類だけじゃなく
3~4種類が同時に、です。

これ、

たまたまカレールウと
ラーメンで実験していますけど
どんな商品でも有効です。

売れます。

っで、実際、会員さんのお店で
何をやったら、こんなに売れたのか?

書くと長くなるので、
下記の動画に収録いたしました。

ただ売り方の違いで
売れ行きは一変します。

詳しくは下記の動画でお伝えしています。

何回も言いますが、

「インスタントラーメンだからでしょ…」
「うちはそんな商品じゃないし…」

とか思わないでくださいね。

商品がどうのとか
そういう問題じゃありません。

これは売るための仕組みです。

「こうやれば売れる」

体系化された仕掛けです。

勿論このお店さんだけじゃなく
同様に取り組まれたお店は
結果を残されています。

物販をされていれば使える方法です。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。