体験談~「3つの文章をつけ加えるだけで…驚いています」(サロン)

 

イベント 手書きPOP

 

手書きPOPの使いみちって、色々とあるんですよね。

お店でつかうだけじゃなく、それ以外でも。

例えば、イベント販売などもそう。

 

僕自身もよく行っていましたけど、これからの季節。

夏休みに向けて、いろんな催事やイベントが行われると思うんです。

お店をやられていると、

「そこで出店販売しませんか?」

みたいなお声がけをイベント主催者の方からいただいたりします。

 

その時につかう、手書きPOPの効果って結構バカにならないです。

 

というわけで今日は、手書きPOP体験談として。

イベント販売で手書きPOPを実践された方のお声をご紹介します。

「驚いています」

 

今日ご紹介する方は、サロンを営まれている女性です。

 

教材で手書きPOPを学ばれ、そしてご自身が参加されたイベント販売(施術の体験コーナー)でを実践。

その効果を実感。

イベント後、メッセージを送ってくださいました。

 

お世話になっております。

報告したくて、メールしました。

 

今回、第1回のイベントに参加しました。

最初は、ピンクの紙に書いただけでした。

これだとお客様に伝わらないなぁと気づきました。

そこで、青色の文章、黄緑の文章、赤の文章の順に付け加えていきました。(ペンを持参していて良かった^ ^)

この文章、3つの文章を付け加えるだけで、お客様に動きがあるのには驚いています。

 

その場所で、お客様にどんな文章なら響くかな…

自分自身、どういう言葉なら、やってもらおうと思うかな…と考えました。

以上です。

 

こうして、実際にトライされてご報告いただけるのは、僕も嬉しいです^^

(それは成果が出た、出ないにかかわらず…ね)

見込み客を見つける目的で参加

今回メッセージをくださった方は、サロンをされている方です。

まずは、

  • お店(ご自身)のことを知ってもらう
  • 商品(施術)に興味を持ってもらう
  • 見込み客とコミュニケーションをとる

といったことを目的に、地域のイベントに参加されました。

 

そこで提供されたサービスは、施術体験でした。

「初めはなかなかお客さまが近づいてくれなかった」

「近づいてもらう、立ち止まってもらうのに苦労した」

たしかそんな事をおっしゃられていたと思います。

 

そこで、手書きPOPの手法をトライ。

いろいろ試されみた。

その1つが、今回のメッセージに書かれていたこと(青色の文章、黄緑の文章、赤の文章の順に付け加えていきました)です。

 

この文章、3つの文章を付け加えるだけで、お客様に動きがあるのには驚いています。

と書かれているように、手ごたえを感じられたようですね。

 

…イベント販売って、費やす労力もハンパないです。

準備から後片づけまで。

特に、売れなかった時の後片付けはツライ。。(笑)

せっかく参加するなら、バンバン売りたいです。

 

もしも、あなたがイベント販売をされる機会があるのなら、手書きPOP。

使わない手はありません。

それもね、単に目立たせるだけのPOPじゃなくて。

今回の方のようにポイントを抑えたメッセージをつかいながら、、、ですね。

ぜひ、色々とトライされてみてくださいね。

(そして、実践されたらその体験談も教えてくださいネ)

 

■今回ご紹介した方が手書きPOPを学ばれたのは、コチラ

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。