見くびっていませんか?このPOPの効果

あなたも、一度は見たこと、書いたことあるんじゃないでしょうか?

「当店の1番人気!●●!!」

「2位●●(商品名)」

「当店売れ筋NO.3!!」

こんな感じのPOP。

・・・ランキングPOPって、言われるアレです。

実はボク自身、このPOPの効果をみくびってました、、、。

結構、見かけますよね。

ランキングPOP。

でもですね、僕は以前から、このようなPOPを見ても、

「あぁ、よくあるよなぁ。この手のPOP」

って、若干ちょっとケチをつけるような目で見てたんです。
「あぁ、またやってるよ、、、」

みたいな感じで、ほんとエラそうにね(苦笑)

 

・・・でもですね、この間、パン屋さんに行った時のこと。

驚愕の事実に気がついてしまったんです。

なんと、僕がパンを選ぶとき。

そのパン屋さんが設置した、

「当店の人気NO.1」

「人気No.2」

「人気No.3」

っていうランキングのPOPを頼りに、商品選びをしていたんです。

 

「・・・1位のパンはどれだ?どれだ?

 2位のは、これか」

って、POPを追いながらパンを選んでたんです。

 

それに気がついた時、もう、あちゃぁーーーーって、感じになっちゃって。

 

っで、あらためて気がついたこと。

ランキングPOPは効果がある、ってこと。

あれだけエラそうに、

「また書いているよ、、、」

なんて思っていたPOPだけど、これって、結構威力あるじゃん!

って、実感したわけです。

 

・・・お客さんが何を選べばいいのか分からなくて困っているとき、

「当店人気NO.1」

は、かなり効きますね。

 

「ランキングのPOPなんて、今さら、、、」

そう思っていると、かなり大きなチャンスロスを起こしているかもしれません。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。