【手書きPOPチャンネル】筆文字の威力!こんなにも変わる!

手書きPOPセミナー大阪

 

誰かにプレゼントをする時に、

「手書きのひと言でも一緒に付ければイイんだろうな」

思ったりしますよね。

モノだけ贈るよりも、何か書ければなぁ、って。

 

・・・ただ実際は、字に自信がなかったりすると、なかなか書けない。

それが現実だったりしますよね。

 

そこで今日は、字に自信がない。

書いた字を誰かに見せるなんて、、、とうてい恥ずかしい。

そんな方にご覧いただければなぁと思って、動画をつくってみました。

 

同じメッセージカード1枚書くにしても、書くペン1つでも随分と変わるものです。

 

1

サインペンで書いたもの

 

それが、筆ペンで書いてみると、こんな感じ。

 

筆ペンで書いたモノ

筆ペンで書いたモノ

 

同じメッセージを、同じ人(ボク)が書いてるんだけど、雰囲気ってまったく変わりますよね。

受け取られた相手の方の印象もぜんぜん違うと思う。

 

というわけで、今日の【手書きPOPチャンネル】では、

実際に僕が筆ペンでメッセージカード(上記)を書いている様子をナマでお伝えします。

手書きPOPチャンネル第17話~筆文字の威力!こんなにも変わる!

 

慣れとかもあるんだけど、これを書くのにかかった時間は2分くらいです。

それで、相手の方の喜び方が変わったら嬉しいですもんね。

字に自信のない方には、特にオススメですよ、筆ペン。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。