社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

伝えることは同じ。チラシがホームページになる理由

臼井です、

「この商品、こだわっているのよね」

よく聞く言葉の1つですよね。

じゃあ一体、何を、どういった形で
こだわっているのか?

言語化するのって、結構ハードルが高いと思っていて。

これ、講義で学生たちにもよく話すのですが、

『自分の』言葉で伝える。

この技術って、人に何かを伝えたり
コミュニケーションにおいて
かなり肝の部分
だと思っています。

ある事業者さんのサポートでのこと。

受注数を拡大するために
ご一緒に仕組みを構築しているんです。

その最初の一歩として
自社商品を知ってもらうための
チラシをつくっていて。

見込み客になりそうな人が
立ち寄る施設に置いてもらったり
来店された方に渡すチラシです。

前回お会いしたときに
その事業者さんや商品の強み、
訴求ポイントを一緒に発掘。

A4の紙1枚のなかで、

  • 何を?
  • どのように?
  • どんな順番で?

伝えればいいか一緒に考えて
下案をつくってきてもらいました。

その下案を添削、ブラッシュアップ、
1枚のPRチラシがほぼ完成。

でね、その出来上がったチラシを見て、

「これ、ホームページそのものやん」

あらためて思ったんです。

A4の紙1枚で伝える内容が
そのままサイトで使える内容になっている。

今回はチラシという紙媒体で
事業者さんの想いや商品の強みを
伝える作業をしましたけど、

この内容は、そっくりそのまま、

ウェブサイトやSNSでも発信できるメッセージです。

相手に興味を持ってもらううえで伝えた方がいい、

  1. 自分のこと
  2. 商品のこと
  3. お客さまのこと

これらのポイントを網羅。

だから(多少の加工は必要ですが)
ホームページやSNSで発信する際にも
そのまんま使える。

※実際この後、あるECモールにも
出品する計画で、今回のチラシの内容を
サイトに流用していきます。

発信する自分に共感してくれる、
そういう人を増やすことがPOPの目的かと思いました

POPセミナー参加者さん(通販会社)

以前POPセミナーに参加くださった
ネット通販会社の方がおっしゃっていました。

まさにその通りだと思っていて。

チラシにしてもPOPにしても
ウェブサイトにしても、

伝える内容は、基本変わらない。

媒体によりボリュームの差はありますが
訴求ポイントは共通です。

従来、POPは商品を伝えるものですが、

自社(自店)・自分を商品としたら、
どう伝えるのか?

どうPRするのか?

この観点で考えられるようになると
一気に世界は広がると思います。

まずはPOPで伝え方を学ぶ。

すると興味を持ってもらうコツ
みたいなのが見えてきます。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。