商品を使ってあなたが感動したその感情をPOPにのせて伝えよう

 

セラピスト 女性

セラピスト 女性

 

 

こちらは、先日大阪で行ったセミナー参加者さんのご感想。

 

実は、このいただいたメッセージの中に、手書きPOPのヒントが隠れてて。

 

これまでは、商品の説明をどう書こうか、、、と考えていましたが、この商品を使って私が感動した、その感情をPOPにのせて、お客様に届けたいと思います。

 

という、こちらの部分。

 

そう、POPに書くのは、商品のことじゃなくてOKなんです。

POPを書こうと思ったら、

・商品にイイこと

・特徴

などを伝えるというのが、頭に1番に思い浮かんでくることなんだけど。

そうじゃなくっても大丈夫だよということ。

 

実は、僕もそうでした

大阪の産直店で働いていたときのこと。

野菜を売るために、必死でPOPを書いてました。

 

野菜を送ってきたダンボールの切れ端に、 

 

「このトマト、甘いです!
 糖度10度!オススメです! 高知県産トマト 200円」

 

こんな風にして書いていた。

 

ぼちぼち成果はあった。

売れていたんです。

 

・・・ただね、ある時から、POPに書く内容は変わっていきました。

 

 

毎日の業務で野菜を送ってくれている生産者さんと話をする。

電話で発注をしたり、生産状況を聞いたりね。

時には、ご家族の話とか世間話もしたりして。

年に数回、畑の現場にお邪魔して。

 

するとね、、、だんだんと生産者さんへ思い入れが湧くようになったんです。

共感するというか、好きになていったんです。 

 

というのもね、生産者のみなさん、ほんと好い方ばかりで。

毎日やり取りをしていたり、直接お話しをさせてもらっていたら、感情移入していったんです。

 

こんなに好い方が一生懸命、お野菜をつくられている。

これをお客さんに伝えたい。

 

そんな思いがふつふつ湧き上がってきてね。

 

っで、POPに書くメッセージが変わっていった。

 

ご夫婦でトマトをつくられている宮脇さん。
元々は、きゅうりを作られていたんです。
だけど、旦那さんがお体をこわされたのをキッカケにトマトを作られるようになりました。
今では、量を求めるんじゃなくて、、、、

 

元々は、大阪で居酒屋の店長をされていた山本さん。
常に業績もよくて、全国チェーン店舗の中でも敏腕店長だったらしいんです。

その山本さん、もっとご家族と一緒にいる時間を増やしたい。
もっと自分に挑戦したい。
そんな想いを持って、高知県へ移住されました、、、

 

 こんなコトを書くようになったんです。

 

するとね、お店でも変化が起きた

売り場の前で立ち止まるお客さんが増えたんです。

立ち止まって、POPを読んでいる。

そしてその後、野菜をカゴに入れてくれる。

 

そんなお客さんが増えていったのが、目に見えて分かったんです。

 

 

ほんと、POPってね、

冒頭のセミナー参加者さんが書いてくださっていたように、あなたが感じたこと。

あなた自身が商品を使ってみて、どう思ったのか?

感動したことは?

 

まずは、そこを伝えるだけで充分です。

 

ヘンに、商品の良さを伝えようと、ウンウン唸って考えたメッセージよりも響く。

だって、それは、あなたの素の言葉だから。

 

商品を使ってあなたが感動した、その感情をPOPにのせて、お客さんに伝えてみましょう。

まずは、そこからスタートしてみよう。

きっと、あなたに共感するお客さんが現れるはずですよ。

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。