意外なところから成果が生まれる

よく友人なんかにも話したりするんですが、
「一生懸命行動していると、成果が上がり出す。
 全然違うところから。」
っていう、こんな現象がよく起きます。

Aという取り組みにチカラを注いでいると、全然違うBという所から成果が上がる。
全然関係ない所のに、また別の所から仕事をいただけるっていうことが起こったりします。
AとB、仕事的には全然関係ないんだけど、なぜか、ポコッと結果が出る。

ちょっと分かりにくい話かもしれないんですけど…

例えば、僕が新しい販促方法を試そうと、一生懸命そこにチカラを注いでたとしますよね。
・・・ただ、なかなか成果が出ない。
もういい加減しんどくなってくる。
でも、辛抱して成果が出るのを待って、行動を継続し続ける。

すると、その取り組んでいる販促法には全く関連のない箇所から成果が上がる。
仕事が生まれたりする、っていうことが起きるんです。

新しい販促の取組をしたことで、成果が生まれた。
というのは考えづらい、全然、関係ないところで生まれるんです、成果が。
ほんと、まったく関連のないところで。

僕これ、何度かこの現象を体験しているんですけど、ここには1つある共通点があるんです。
過去に起こった減少に共通することが。

それは何か…?っていうと、
「すべて全力で何か取り組んでいた」
ここなんです。

 

新しいカレンダー、手帳をそろそろ買わなきゃ

新しいカレンダー、手帳をそろそろ買わなきゃ

販促活動でも、営業でもそうなんですが。
成果がポコッと上がるときっていうのは、何か一生懸命、地道に行動し続けていた。
そんな時が多いんです。

もちろん、その時は分からないんですよ。
ただ何かに黙々と取り組んでいる。
成果が出なくて、くじけそうになっていたりするんです。
でも、ずっと続けている。

すると、神様が褒美をくれるんですかね。
ひょんな所から成果が生まれるんです。

「神様は、空から見ているんだと思ってる」
そんなことを言っている友人もいましたが。
同じようなことを言う仲間が、時々います。

2013年も残り1ヶ月。

毎日過ごしていれば、当然それでもお正月がやって来て2014年になるでしょう。
まだ1ヶ月、30日ありますからね。
何かに取り組み続ければ、成果は上がるものもあるんじゃないでしょうか。
そして、「今年も何だかんだ言って、よう頑張ったなぁ」
そう言える、お正月を迎えることができるんじゃないでしょうか。

僕も自分に言い聞かせながら、残り1カ月過ごしていきたいと思います。
今日も笑顔忘れずにいきましょう。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。