思っている以上に、お客はあなたに興味を持っている

 

昨日、ある企業の手書き販促のサポートに入っていたんですね。

先月初めて、ニュースレターを出されたんです。

 

っで、発行してみて、気づかれたことがあった。

担当者の方が、チョット嬉しそうにおっしゃっていたご感想が印象的でした。

 

 

昨日、サポートに入った企業さん。

年に数回、DMチラシを顧客へ出されていたんですね。

 

内容としては、多くがメーカーが作って来たチラシが中心でした。

 

よくあるじゃないですか、

カラーの写真がふんだんに使われているような、キレイなの。

そういうチラシを年に数回、送られていた。

そして、たまに、担当者の方のひと言を書いた送り状、

 

「●●な季節になりましたね。

 今回はこんなイベントのご案内をさせていただきますね」

みたいな1枚モノを一緒に同封されていました。

 

 

・・・でね、その送り状がPOINTになったんです。

 

「もうちょっと、そこに力を入れてみませんか。」

「もうちょっと、●●さん(担当者のお名前)が書いてる感を出してみませんか」

っていう感じになったんです。

 

言ってみれば、今までは、チラシにちょこっと添えるだけだった送り状。

そこに注力していきましょう、っていう話になったんです。

 

 

DSC_1205

ひさしぶりの青空~「はじめて見たわ、、、」って、ご近所さんがおっしゃっていた言葉がすごく印象的でした

 

 

 

A41枚の用紙をコーナー分けして。

 

・担当者さんの笑顔の写真

・専門性のある情報

・スタッフさんの話

 

 このような情報を詰め込んでいったんです。

 

っで、先月、お客さんへ送られました。

 

 

・・・まぁ、初回なんで、反応っていうのはそんなに出ないんですよ。

関係性を築きあげていくようなレターって、そんなにスグには反応が出ない。

だけどね、レターを受け取った何人かのお客さんから、こんなコトを言われたらしいんです。

 

「●●ちゃん、出とったね。

 あれ、読ませてもらったよー。」みたいなことを。

 

 

レターの中にね、その担当者さんの顔写真(笑顔のね)を載せていたんです。

その顔写真、そして、その方が書かれた文章を読まれたんでしょうね。

 

・・・実は当初、打合せしている時は、かなり渋られていたんですよ。

ご自身の顔写真を載せること。

そして、ご自身からの発信の文脈にすることを。

 

だけどね、

実はココが、お客さんの最も敏感な部分でもあって。

 

「誰がこのレターを書いているのか?」

ここを感じられるモノにするっていうことが、読んでもらうためにすごーく大事な部分。

逆に言うと、ココが感じられないレターっていうのは、読んでいてオモシロくない。

心に響いてこないですから。

 

だって、いったい誰がそれを言っているのか分かんない文章なんだもの。

読んでいて、響かないと思う。

 

 

今回のレターを書かれた担当者の方、ちょっと嬉しそうでした。

 

ご自身が出ている、ご自身が書かれたレターを読んだ方から、

「●●ちゃん、出とったね、

 あれ、読ませてもらったよー」って、声をかけてもらえて。

 

結構、他にもいらっしゃるんですよ。

 

「・・・臼井さんはそう言ってたんですけど、

 まさか、こんなに自分の話に食い付いてくると思いませんでした。」

って、レターを出した後の感想をもらす方。

 

っでね、いつも僕、その話を聞きながら、心で思うんです。

 

「だから言ってたでしょう。

 お客さんってね、そこが大好きなんだから、、、」ってね。

 

僕としても、ちょっと嬉しい瞬間なんです(笑)

 

 

思っている以上に、お客さんっていうのは、あなたに興味を持ちますよ。

ちょっと恥ずかしい部分もあるけど、レターを書かれる時は、そこを意識されてみてみましょうね。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。