お客さんに響くメッセージ

「商品の美味しさをどんな風に伝えたらいいんだろう…?」

「POPには、どんなメッセージを書いたらいいの…?」

結構、悩んでしまいますよね。

お客さんに響くメッセージを考えるうえで

意識しておきたいこと。

…そこには、1つのポイントがあるんです。

扱われている商品やサービスに関わられている人を探しましょう。

どなたでも結構です。

あなたの商品が農産物なら、作り手さん。

作り手さんが見えない商品なら、売り手さんでもいい。

サービス業の方なら、施術者であるあなたでも大丈夫。

仕入商品なら、担当の営業マンでもOKです。

「毎週、この商品を納品に来てくれるメーカーの営業マン

 ●●さんは、、、、」

みたいな感じでもいい。

とにかく、商品と人を結びつける。

多少、強引になってもいいんだから。

商品説明はしないくらいの気持ちでね。

だって、扱われる商品は、他店でも売られているかも。

ちょっと近所へ行けば、似たような商品があるかもしれません。

もしかしたら、あなたのお店より低価格でね。

そんな状況なのに、商品説明ばかりしていたら、

・お客さんは価格の安い

・アクセスのしやすい

お店での購入を選択します。

一方、あなたっていう存在は、ただ一人。

この世に、あなたっていう人は、他にはいないから。

さらに、もっと違う言い方をすると、あなたから発信される情報も他にはない。

ただ1つです。

だからこそ、販促物に書くメッセージは、あなた(人)に絡めた情報にする。

それが、あなたしか書けない、あなたのお店にしかないメッセージになるんだから。

・・・というわけで、今から手書きPOPセミナーへ行って来ます!

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です