販促物で成果を上げるために必要なモノ

販促物で成果を上げるためには、何が必要?

…インパクトのある言葉?

…レターを書くセンス?

…かわいいイラストが書ける才能?

一体、何が必要なんでしょう、、、

臼井さん、書いてみたんです、

 見てもらえますか?」

昨日、販促サポートにはいった婦人服店に、別件で今日もお伺いした。
その時に、店主さんが話しかけてくれた言葉なんですね。
・・・ほんと行動が早いなぁって、思います。

多くの場合、行動を起こす前に色んなことを考えると思うんです。
販促物をつくるんだったら、
「どんなことを書いたら良いんだろう?」
「こんなことは、どうだろう?」
「いや、これじゃあ反応ないよな」
「うん、これじゃあダメだ」
「…うーん、どうしよう。。明日になったらいいアイデアが出るかもな。」
「もうちょっと考えてから実践してみよう」

こんな感じで、行動しないための理由をつくりだす。
結果、実践できずに終わってしまったりするんですよね。
(…昔の僕がそうだったんで、ほんとよく分かります)

今回の婦人服店さんの行動は、早かった。
昨日、お伺いしたときに、
「クリスマスカードも、今ならまだ間に合いますよね」
「だったら、やってみます」
なんて会話をしてたんです。

そして、今日訪問したら、もう切手を貼ればいいだけの状態になっていた。
ほんとスゴイです。
仮に今回、成果を上げられなかったとしても、近いうちに…成果を上げられるだろうな、って思います。

当たり前なんだけど、収穫を得るには行動を起こす。
それも、出来る限り早く。
いいな!と思った瞬間が1番のタイミング。
ヤル気MAXの状態です。
時間が経てば経つにつれ、モチベーションが下がっていきますからね。

・・・今さら言われなくても、っていう話かもしれないけれど…
婦人服店の店主さんの行動を見ながら、あらためて実感したことだったので書かせてもらいました。
もちろん、自戒も込めて書いてみました。
即行動、心がけていきましょう!

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。