イラストが描けないとPOPで成果は上がらない!?

POPで成果を上げるのに、イラストは必要か?

上手にイラストが描けないと、売上は上げられないのか?

・・・あなたは、どう思います?

POPにイラストはあった方がいいのでしょうか?

POPのご相談をお受けしていると、
「イラストがうまく書けないんで…」
ということを悩みに持たれている方がいらっしゃいます。

もしも、そこがブレーキになって、POPを書くのが止まっているとしたら、モッタイナイです。
POPで成果を出せるか?出せないか?
ここは、イラストが書けるか?書けないか?
あまり関係がないです。

 

あくまでも、POPの目的は、お客さんの心を動かすこと。

お客さんに欲しい気持ちになってもらうこと。
そのために、POPがあるんです。

POPを見て、
「きれいだなぁ」
「かわいいなぁ」
って、思ってもらうことが目的ではないですから。

これは、店前看板でも同じ。
お店の雰囲気づくりには、役立つかもしれない。
お洒落な感じに書かれていたら、お客さんが成果が上がるわけじゃない。
だけど、お客さんが欲しい気持ちになるわけじゃないです。

【キレイなPOP】=【成果に繋がるPOP】じゃないです。
お客さんの心を動かしてこそ、成果に繋がるのです。

じゃぁ、どんなこと書いたらお客さんの心を動かせるの?
っていう話になると思います。
・・・が、今日は長くなるので、その話はまたの機会にしますね。

おいっ、そんな終わり方かい!っていう感じで終わります(笑)

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です