社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

販促物に何を書いて良いのか分からなくなったら…

お客さんって、求める何かやなりたい姿があって商品やサービスを購入します。
その商品やサービスを購入すれば、自分の望む姿になれるんじゃないか?
そう期待して、お金を払って何かを手に入れるわけですよね。

これ買えば、●●になれるんじゃないか?
そう思って、何かにお金を費やすわけだと思うんです。

・・・っで、一歩下がって見てみると…
自分が望む、なりたい姿があるということは、現状に何かしら不満を抱えているということで。
その現状の不満や悩みを解消したい。

現状:不満、悩み  ⇒⇒⇒ 未来:理想の姿
こんな感じだと思うんです。

っで、理想の姿になるために、この図でいう所の真ん中に、あなたの商品やサービスがある。
現状:不満、悩み  ⇒⇒⇒●●●●⇒⇒⇒ 未来:理想の姿

あなたの商品やサービスを通じて、未来:理想の姿になってもらう。
こんな図式だと思うんです。

「お客さんどんなことを伝えれば響くんだろう?」
ここが分からなくなっているのなら、この図式を意識してみるといいです。

お客さんの悩みは何なのか?
そして、お客さんはどんな風になりたいと思っているのか?
こんな風に意識してみると、伝えるメッセージも考えやすくなると思います。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です