【手書きPOPの書き方】台紙の選び方

 

POPに書く内容は勿論だけど、

それよりも前に、手書きPOPを書く台紙。

実は、ココも使い方次第で反響って随分変わるんですよ。

あなたが書かれた手書きPOPの台紙を見てみよう

今日はPOPについて、いつもと違った角度から話をお伝えしていきます。

 

まずは、あなたのお店や会社に貼られているPOPを見てください。

1つだけではなく、いくつかのPOPを見比べるような感じで。

いかがですか?

  • POPの台紙
  • 文字の種類
  • 色や大きさ

は、どのようになっていますか?

 

えっ!? 色も大きさもバラバラ?

筆ペンで書かれていたり、マジックで書かれていたり!?

紙の種類なんて、まったく気にしたことがない?

う~ん、少し心配だなぁ。

『手書きPOPに書く内容はもちろんですが、そのPOPがお店でどのような状態で貼られているか?』

という見せ方も大事なポイントになってきます。

手書きPOPの台紙を意識

例えば、書く台紙に注目をしてみましょう。

 

  • 紙の種類
  • どこのお店にでもある白いコピー用紙
  • 女性が好きそうなカラフルな色画用紙
  • 風合い、味わいを出すことができる和紙
  • 商品が入っていた段ボールを切って、そのまま使用

 

パッと思いついたものだけでも、色々と出てきます。

もちろん、POPにかかる費用に若干の違いがあります。

・・・が、基本、お店の雰囲気に合わせて紙の種類を選んでいくことで、POPの効果を増進させることが可能です。

 

野菜や果物を売っている青果店では、

和紙などを使って高級感を持たせることもできますが、むしろ野菜が入っていた段ボールなどに直接、POPを書いていく。

そうすることで、

「今、届いたよ!」

と言わんばかりの直送感が出てきて、新鮮味も増しますよね。

 

一方、POPの台紙や書かれた文字の色によっても、お客様に与える印象は大きく変わってきます。

この話は、また次回にお伝えしていきますね。

POPの台紙ひとつでも、伝わり方や雰囲気など、お客さんへの印象が随分とかわってきます。

今日は、ここを意識しておいてくださいね。

それで、今度手書きPOPをつくるときに、何か反映させてみましょう。

 

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。