【販促物に必要なこと】③ハードルを下げる

【販促物に必要なこと】シリーズで書いています。

販促物をつくる上で、ぜひ意識してもらいたいこと。

それは、この3つ。

①書き手の存在

②お客さんの悩み

ハードルを下げる

今日は、3つ目の「ハードルを下げる」について。

どんなに興味のある商品でも、最初のハードルが高いと手を挙げてもらえません。

だって、今まで体験したこともない商品、サービス。

誰だって、そこにお金を払うのは不安なはず。

なので、売りたい商品をダイレクトに売らない。

特に、その商品が
・高い
・説明しないと理解しにくい
・他店にも類似商品がある

…そんな場合は、いきなり売らない方がいい。

もっとハードルを下げた部分でお客さんと接触する。

そこを試してもらって、信頼を得る。

「あっ、このお店大丈夫なんだ。 次も来よう」って思ってもらう。

そういう信頼関係をお客さんと築いてから、売りたい商品につなげていく。
そんなイメージです。

一生に一度のスカイダイビング …もう2度とやらないだろう

一生に一度のスカイダイビング
…もう2度とやらないだろう

…今まで行ったことのないマッサージ店に行って、1万円くらいするフルコースをお願いしたりしないもん、僕だったら。

まずは最初、お試しコース的な5千円までのコース試してみると思います。

それで満足できたら、次回はもうちょっと濃い内容にしてみようかな?

そうなると思います、僕の場合はね…。

当たり前に聞こえるかもしれない話をしたんですが、意外とここって実践できてなかったりするんです。

 

売りたい商品をダイレクトに売らない。

ハードルをできる限り下げる。

コレをやるのとやらないのとでは、販促物の結果に大きく影響が出てきます。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です