社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

初めてでも、2時間で手書きチラシがつくれた5つのステップ

 

今日は手書きPOPじゃなくて、ちょっと手書きチラシの話をしますね。

 

まぁ、POPにも共通することです。

なので、チラシを普段つくらなかったとしても、お聞きになってみてくださいね。

 

 

コレを見て思わず愛おしくなった~仕事机のカレンダーに書かれた2つの絵

コレを見て思わず愛おしくなった~仕事机のカレンダーに書かれた2つの絵

 

 

チラシって言うと、なんだかハードル高く感じたりしないですか?

・・・チラシっていうと、

 

創るのむずかしそう、、、

どんなコト書いたらイイのかさっぱり分かんない、、、

 

なーんかハードルが高いイメージ、そんなのないですか?

 

 

けっこう、POPに比べても実践されている方って少ないと思うんです。

(もちろん業種にもよるんだろうけどね。)

 

っで、もしも、あなたがチラシをつくりたいと思ってる。

でも、どんな風に創ったらいいのか分かんない、、、として。

そんな時に、

 

 「コレを知っているとチラシをつくるのが比較的スムーズになるよ」

「このステップに1度つくってみて」

「初めてでも大丈夫だよ」

 

という初心者の方でもチラシを比較的スムーズにつくれる手順をお伝えしてみますね。

 

チラシをつくるのが初めてでも、2時間で手書きチラシがつくれた5つのステップ

実は、昨日もあるお店(魚屋さん)で手書きチラシをつくってました。

 

お店の従業員さんと一緒に、このステップでね。

なので、理論だけじゃなくって実際に実践でつかえる方法です。

参考にできるところがあったら、つかってみてくださいね。

 

1.何のために?

 ・・・チラシをつかって何をしたいのか?

 ・・・このチラシをつくる目的は何なのか?を考えます。

 

 例えば、

 「新商品ができたんで売っていきたい」

 「●●のサービスのキャンペーンを行っていこうと思っている。

  それをお客さんに知らせるために」など、

 あなたが、チラシをつくる目的を考えます。

 

2.誰に?

 チラシで伝えるこの情報を誰に伝えたいのか?

 例えば、

 ・・・誰に知って欲しいのか?

 ・・・誰に伝えると喜んでもらえそうか?

 ・・・このチラシに書いた商品・サービスを手にとって得する人はダレ?

 ・・・どんな人に(この商品を)使って欲しいのか?

 

誰か1人お客さんをイメージしてみましょう。

 

 「あの人に教えてあげると喜ばれるかな?」

 っていう、実際のお客さんを具体的に1人思い浮かべてみましょう。

 

3.なんて声をかける?

 次は、このチラシが実際にできたとして、渡す時、あなたはなんて言って渡すのか?

 

 先ほど、「2.誰に?」の部分でイメージしてもらったお客さんに渡すの時のコトバがけ。

 最初、どんな風に声をかける? 

 その言葉を紙に書きだしましょう。

 

4.なんで、その人に? 

 その人(具体的に1人イメージしたお客さん)にチラシを渡すっていうことは。

 なんか理由があるわけでしょう。 

 その人を選んだ理由が。

 

 「その人がこの情報(商品)を知ったら、喜ぶんじゃないか?」

 そう思った、なにか理由があると思うんです。 

 ・・・その理由はなにか?を考えてみましょう。

 

5.チラシを4つにコーナー分け

 例えば、チラシをA4の紙(サイズ)でつくろうと思われているとしたら。

 A4の紙を用意します。

 

 そして、4等分に折る。

 まず、半分に折って、またその半分に。

 すると、紙面が4等分にされるでしょう。

 そこに、コーナー分けをします。

 

 こんな感じでね。

 

 

スゴイざっくりだけど、、、(笑)その場で今書いた感が満載だし(笑)

スゴイざっくりだけど(笑)こんな感じね(その場で今書いた感が満載だ)

 

 

 

さっき考えられた、「3、声かけ」や「4.理由」の部分を紙面にあてはめる。

 

あとは、そのチラシで紹介したい商品やサービス。

イベントとかでもいいので、3番目に書く。

っで、最後の1番下は、お申込みフォームや連絡先(アクセス情報)。

写真とかでもOKね。

商品写真やお店の人の写真とかね。

 

 

すごいザッとお伝えしましたが、これが、手書きチラシをつくるときの大まかな手順(ステップ)です。

 

 

実際、昨日もお魚屋さんの従業員さんと、この順番で手書きチラシをつくりました。

 

チラシつくるの初めてだった方だったけど、頑張ってチラシをつくられましたよ。

3時間滞在していたけど、正味チラシづくりに費やした時間は2時間くらいじゃないかな。

あとは写真を貼ればデキあがり!

というところまで、いきましたから。

 

 

これが大枠の流れ。

手書きでチラシをつくるときのね。

スゴイざっくりとしているけど、こんな風な流れでチラシをつくる。

すると、けっこう初めての方でも創れるものですよ。

 

ぜひ、色々トライしてみてくださいね。

ここがゴールじゃなくって、これがスタート地点でもあるのでね。

チラシをつくって、そこから始まりでもありますからね。

楽しく販促物つくっていきましょうね。