セールスをきちっとしていますか?

つい先日、尊敬する方から
こんな一言をいただきました。

「商品をきちっとセールスしていますか?」

正直、脳みそがグラーンとするほど
強烈な一撃でした。

尊敬する方を目の前にして
ただでさえ緊張しまくっているのに、

自分の心を見透かされたような
そのひと言をもらい、
心臓のバクバクが止まりませんでした。

ちなみに、あなたへ質問です。

「商品をきちっとセールスされていますか?」

もし、この質問に対して
一瞬、「ウッ」とするようなら、
私と同じ状況かもしれません。

ここでもよく話しますが、
セールスは決して『悪』ではありません。

むしろ、どんどん積極的に
進めるべき行動です。

セールスに躊躇してしまうのであれば

そこに何かブロックが
存在するのだと思います。

商品に自信があり情熱があれば、
広めたいと思うのが
理論的には流れだと思います。

「この商品を使えば、
アトピーの症状が和らぐ」

という自信があれば、
アトピーで悩む方に積極的に勧めたくなる、

これが流れですよね。

だけど、お勧めするのに躊躇してしまう…
のであれば、そこに
何か原因があるのだと思います。

それは、

自信がない事かもしれないし、

セールスした時にお客さまに
嫌な顔をされる事かもしれません。

お金を頂くことに対する
潜在的なブレーキかもしれません。

私もじゃんじゃんセールス出来る
人間じゃないので
その気持ちは凄くわかります。

ただ何もせず、
お客さまから声をかけてくれるのを
待つのは時間もかかります。

可能性も低いし、
その間、売上も上がりません。

商売的には厳しいです。

じゃあ、どうすれば良いか?

「POPを使って
お客さまから声をかけてもらう?」

これも1つの方法です。

ただ今日はそこじゃなく
もう1つ深く突っ込んだ話をすると
心の持ち方を変える事だと思うのです。

例えば、同じ職場に
好きな人ができたとして。

「その人を恋人にしたい」と思った。

じゃあ何をしなきゃいけないか?

「週末、デートに誘ってみる?」

だけど、もしかすると相手に恋人がいて
あっさり断られるかもしれない。

…断れるのは怖いですよね。

…同じ職場だと今後の事も考えますよね。

でも、

フラれるという結果がある一方で
デートに誘ってその後
恋人になれる可能性も存在します。

その後、毎日がHAPPYになる
そのチャンスだってあります。

要は、どっちの『側面』を見るか?

行動することでネガティブになる
未来に焦点を当てるのか?

Happyな未来を想像して
ワクワク行動できるのか?

どんな出来事にもプラスとマイナス面が
存在するので、どっちの感情に
焦点を絞るのかだと感じます。

もちろん商売が絡むと
セールスする事でお客さまを失う…
という恐怖も勝ります。

POPのようにセールスの手法を
身につけることで克服する方法も存在します。

ただ、

物事にはネガティブな側面、
ワクワクする側面、
両方が存在する。

そして、どちらに意識を向けるのか?

次第で、

どんどん新しい試みに
チャレンジできるのか?

恐怖に打ち負けてしまうのか?

永遠について回るテーマだと思っています。

セールスは決して悪ではありません。

あなたの商品やサービスを
お客さまに知ってもらうために
必要不可欠な行為です。

お客さまのお役に立つための
1つの通過点だと思います。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。