「売れるPOP」と「売れないPOP」の決定的な違い

売れるPOP、
売れないPOP、

ここには、明確な違いがあります。

多くの方が、この違いを間違って認識しています。

「POPは、こうやって書いたらいい」

と思っている事が、そもそも
売れにくいPOPの書き方になっているのです。

その主な原因は、世の中のPOPの専門家や
書籍が誤解を生む教え方をしているからなんですが…。

POPを使って売上を上げようと思えば、

「売れるPOP」と「売れないPOP」
まずは、この違いに気付くことが先決です。

この違いを知らないままPOPを書き続けると、ずっと、結果が出ない…

ちょっと売れても続かない
まぐれ当たりで終わってしまうんです。

入口を間違えると、出口には出られません。

…昔、島田紳助さんがこんな事を言っていました。

俺は、ずっと研究してた。
ツービート、B&B、
売れ続ける人たちの漫才を何度も何度も聴いた。

そして、その売れる人たちの漫才には、パターンがあると分かった。
そのパターンを真似したから、俺たちみたいな才能のない人間でも売れたんだ。

一発屋ですぐ消える人たちは、なぜ自分たちが売れたのか?
それが分かっていない。
だから、消えて行くんだ。

これってね、
お笑いに限らず、スポーツにも何にでも共通だと思うんです。

もちろん、手書きPOPにも当てはまります。

売れるPOP、
売れないPOP、

ここにも、パターンがあります。

例えば、こちらの2枚のPOPを
見て頂けますか?

あなたは、どちらのPOPが売れそうだと思いますか?

2枚の手書きPOP

1は、下書きの状態なので単純に比較しづらいですが
メッセージやイラストを見比べてください。

実はこの2枚のPOP、
先日おこなった手書きPOPセミナーで受講者さんが書かれたものです。

1と2、書かれた方は同じです。

見た目からいうと1はイラストもあって
清書をすれば見映えは良いと思います。

ただ、「売れる」という観点からいうと
2のPOPなのです。

とはいえ、まだ書いたばかりで数値計測をしていません。

なので、断定できませんが
ほぼ90%以上の確率で2のPOPの方が
売上はUPすると思います。

…なぜ、そんな事が言えるのか?

1は、イラストも上手に書かれているのですが、
「売れるPOP」じゃないんです。

実は、ここが多くの方の成果を邪魔しているポイントでもあります。

「きれいなPOP」= 「売れるPOP」

これは、誤った認識です。

こんな事を言うと、気を悪くされるかもしれないんだけど、

「上手に」POPを書く事が
「売れる」POPを書く事につながらないんです。

今、このブログを読んで下さっているという事は
POPで売上を上げる事にご興味がある、
という事ですよね?

僕としても、あなたに売上に貢献する
POPの書き方を掴んで欲しいと思っています。

そのためには、まずは
売れるPOPと売れないPOP、

この2種類の違いを知る。

上手に書くことが、イコール
売上につながるPOPじゃないと認識する。

ここがまず、手書きPOPで成果を上げる、スタート地点です。

入口を間違えるといくらPOPを書いても、
「POPで売上を上げる」
という出口には出られませんからね。

ぜひ、今日ご紹介した2枚のPOP、一体、何が違うのか?

どうして、2のPOPは売れるのか?
その理由を考えてみて下さい。

まずは、この違いを認識することが
売れるPOPを書く入口になってきます。

なお、

「売れるPOPを書いているのに
どうしても売れない…」という場合は、

こちらをご覧になってみてください

あなたのPOPが売れない
本当の理由が判明すると思います

売れるPOPの書き方ハンドブック
『売れるPOPの書き方ハンドブック』

紙媒体がお好みの方は、コチラから

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。