手書きPOPを実践するために欠かせないこと~準備

 

「手書きPOPをやった方が良い」

そんなの分かっている。

だけど、、、日常業務が忙しくって、それどころじゃない。

こんなコトって、ないですか?

今日お伝えするのは、手書きPOPを書く時間の効率化。

時間がなくて、POPがなかなか書けない。

そんなあなたに読んでいただきたい話です。

前回、こんな記事を書きました。

■「手書きPOPを書く時間がないあなたへ」

お客さん相手のお仕事をされていたら、POPを書く時間がない。

あなたも毎日、お忙しいと思うんです。

それが現実。

・・・っで、なるべく時間をかけずに手書きPOPを書いていく。

たとえ現場で忙しくても、POPを実践する方法

 

 

それは何か?っていうと。

「台紙を事前に準備」しておくやり方です。

僕も小売時代にやっていたんですけどね。

現場にいると、ほんと時間ない。

あまりハッキリ憶えていないんですが、産直時代、僕がPOP1枚に書くのに割いていた時間。

30秒から1分くらいだったと思います。

バックヤードから売り場へ出す手前の、ちょっとした時間。

その隙に書いていたんで、ほんとサラサラっていう程度。

そんな1分もない時間。

POPの台紙を画用紙からチョキチョキ切って、、、っていう時間はモッタイないわけですよ。

だから、あらかじめ台紙を準備しておいて。

っで、売り場に出る瞬間。

椅子に座って、準備しておいた台紙にPOPを書く。

そんな感じでした。

「POPの台紙を準備しておく?」

すっごく当たり前の話に聞こえるかもしれないですよね。

でもね、ここが大事なんですよ。

だってね、

「準備にこんなに時間を割く選手はみたことがない。

 彼こそ、まさに1流のメジャーリーガーだ。」

って、メジャーで活躍するイチロー選手を表するときに、よくこんな表現使われるでしょ。

準備って、やっぱり大事なんですよ。

(・・・スゴイ例え方だけど)

「POP台紙を準備する」。

こんな積み重ねが、手書きPOPの実践や継続につながるんだと思いますよ。

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。