販売量をコントロールする方法~「売りたいモノが売れる?…それって本当?」

 

horizontal-1155878_640

 

じゃっかん胡散くさいタイトルからのスタートなのですが、、、

僕自身、真剣に考えている話です。

そして十分、実現可能な内容です。

 

さて昨日、お伺いしていたある道の駅でのお話です。

 

レストランのメニューを紹介するために、パネルをつくられました。

  • メニューの写真を大きくして
  • 価格を書いて、
  • 2行の短めのコピー文も記載

これをA1(だったと思います)サイズのパネルにされました。

メニューの何品目か、を。

 

…すると、お店で何が起きたと思います?

注文数がゼロに激減

先ほどの話のつづき。

 

道の駅のレストラン。

提供されているメニューのA1サイズのパネルをつくられた。

会計レジの上の壁に設置。

すると、どうなったのか?

 

パネルを設置したメニューに注文が殺到しました。

 

…パネル化して設置されているメニューは、それこそ4品目です。

もちろん他にもメニューはあるわけです。

レジ横の壁に、木枠でつくってメニューを掲げられています。

 

…しかし、お客さまが注文される商品。

それは、パネルのメニューに偏りました。

ある(パネル化していない)メニューに関して言えば、注文数がゼロになったものもあります。

以前までは普通に注文があったのに、、、です。

販売量をコントロールする

さて、あなたが手書きPOPに興味があるのなら、、、

ここからポイントです。

 

今お話しした道の駅さんのエピソードがヒントになります。

 

こちらの道の駅さんでは、レストランメニューの一部をパネル化した結果、、、

注文数が殺到したわけですよね。

パネル化していない商品に限っては、(以前までは普通に注文があったのに)注文数がゼロになった。

ということですよね。

 

ここから参考にできるのは何か?

 

すっごく単純なことなんですが、あなたのお店にとっては大きなインパクトを与えてくれる内容です。

では、それは何か、、、というと。

 

「販売量は、コントロールできる」

ということです。

  • お店で売りたいモノ
  • あなたがチカラを入れて売っていきたいと思っている商品
  • 今だけの旬のオススメ商品

 

これらの販売量を意識的にコントロールできる、ということです。

 

「今月は、この商品を売っていきたい」

「こっちの商品は販売量が減らしてもいいのえ、この商品はたくさん売りたい」

そういうあなたの意志が、販売量に反映できるのです。

売りたい商品を売る方法

じゃあ、そのためには、どうすればいいか?

 

先ほどの道の駅さんの話、思い出してみてください。

レストランで注文が殺到するようになったメニューが出ましたよね。

それには、どんなことをしましたか?

 

…一方、それをすることで、売れなくなった商品もありましたよね?

 

言ってみれば、ある何かをすることで、売れる商品と売れない商品。

このギャップが大きく開いた。

そのある何かがポイントなわけです。

 

 

ちなみに今回、この道の駅さんは狙ってやったことではありません。

じゃあ、これを意識的にやれば、どうなるでしょう?

 

そのために、手書きPOPをつかう。

手書きPOPをパネルにたとえて、、、細工をするのです。

  • 「売りたい商品」
  • 「今月はチカラを入れて売らなくてもよい商品」

チカラの配分を変える。

販売量をコントロールする。

 

そのために、手書きPOPにある工夫をするのです。

 

細かい量の調節はできませんが、ある程度大きくならば十分実現可能です。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。