スタッフが手書きPOPを書ける「強み」

startup-594090_640

 

手書きPOPは、店主(社長)が書ければそれでいい?

それとも、店主だけじゃなくスタッフも書ける。

どっちがベターなのでしょう?

 

…ベストは、店主だけでなくお店のスタッフ全員が書ける、です。

 

今年の春に東京でおこなった手書きPOPセミナー。

ある一社から7名の従業員さんが参加されたお店もありました。

(少人数のセミナーだったので、社員研修状態(笑))

 

スタッフが手書きPOPを書けると強いです。

というわけで、今日はスタッフが手書きPOPを書けると、どんなメリットがあるのか?

一緒に考えていみたいと思います。

スタッフが手書きPOPを書ける「強み」

あなたのお店にスタッフがいらっしゃる。

(奥さま、ご家族でも結構です)

そのスタッフが、手書きPOPを書けると一体どんな良いことがあるのか?

今日はそのメリットを2つ挙げます。

 

まず1つ目。

1.手書きPOPが量産できる

これは、量のメリットです。

 

例えばです、

  • あなたがお一人で手書きPOPを書く
  • スタッフ全員が手書きPOPを書く

どっちがお店に手書きPOP増えそうですか?

 

…明らかですよね。

スタッフが多くいればいるほど、あなたのお店の手書きPOPも増える、という話です。

 

仮に、あなたのお店のスタッフさんが5名いらしたとして。

そのスタッフさんが各々、毎日1枚ずつ手書きPOPを書くと、、、

  • 5名×1枚=5枚

毎日、5枚ずつ手書きPOPがお店に貼られていくわけです。

それが、2枚ずつになると、、、

日々、10枚ずつお店にPOPが増えていく。

倍々にしてPOPが増える。

言ってみれば、商品を売ってくれる(無言の)セールスマンがどんどん増殖していくわけです。

…これって、大きくないですか?

お店に与えるインパクトって?

 

これが、1つ目のスタッフが手書きPOPを書けると受け取れるメリットです。

2.お店の個性が生み出せる

われわれ、小規模事業者にとって、ウリを創る。

これって、非常に難しい作業ですよね。

 

例えば、商品力でウリをつくる。

ここには、大きなハードルが立ちはだかります。

量、質、価格的な面で大手と比較されると、なかなか勝負できない。

アクセス、設備などのハード面でも、きつい、、、ですよね?

(自社で商品をつくったり、サービス提供型のビジネスだと話はまた別ですが)

 

じゃあ、別の角度からお店のウリをつくっていく。

どうするか?

 

手書きPOPの登場ですよ!

手書きPOPを使わない手はありません。

 

スタッフさん全員に手書きPOPを書いてもらいましょう。

(全員がムリなら、書ける人に)

そして、そのそれぞれのPOPに、

  • 「誰が書いたのか?」
  • 「誰がオススメしているのか?」
  • 「その人は、どんな方か?」

をお客さまに分かるようにしていくのです。

 

…すると、お店でどんなことが起きると思います?

 

お菓子担当の山下さんがお勧めしている、チョコサブレ

というのが、お客さまに伝わります。

さらに、

  • 山下さんどうして、そのお菓子をオススメしているのか?
  • その理由なんかもPOPに書いてあったりする
  • POPメッセージから山下さんのキャラ(人柄)が伝わってくる

ちょっとオモシロそうな感じしませんか?

 

顔写真なんかもあったりして。

そんな手書きPOPがお店じゅうにあったら、どんな感じがします?

例えば、このような手書きPOPがですよ。

 

水産会社 手書きPOP

ある水産会社さんの手書きPOP

レバレッジを効かせていこう

スタッフさんがいらっしゃるのなら、説得してみましょう。

書いてもらえるように、なんとか説いてみましょう。

「手書きPOPを書くと、お店に、スタッフさんにどんな良いことがあるのか?」

を伝えることはできないですか?

 

僕のクライアントさんのお店では、ほぼどこもスタッフさんも一緒にPOPの研修を受けてもらっています。

一緒に手書きPOPを書いてもらっています。

そして、書いたことで、

「どれだけ売れたのか?」

売上数値を共有して、その喜びを分かち合っています。

 

スタッフさんが手書きPOPを書けるようになると、あなたも楽になりますよ。

あなたが全部の手書きPOPを書かなくてよくなりますからね。

売上だけでなく、労力的な面でもメリットは生まれますョ!

 

スタッフが手書きPOPを書けると強いです。

手書きPOPの効果が何倍にもなって、返ってきます。

あなたのお店のスタッフさん。

まだPOPを書かれていないのなら、何とかして書いてもらえるように話されてみては?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。