【手書きPOPの書き方】語呂にこだわり過ぎない

 

94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s

 

高知県で手書きPOPのセミナーでした。

食品メーカー、機械製造、電化製品店、、、など今回もさまざまな業種の方が参加くださっていました。

 

その先日のセミナー中でもお伝えしたことの1つ。

 

手書きPOPで成果を上げる上で、非常に重要なポイント。

かつ、多くのPOP実践者が間違う部分。

今日は、こちらでも共有いたしますね。

メッセージは語呂にこだわり過ぎない

セミナーをしていて、参加者さんが書かれる手書きPOPを見ていて。

よく感じていたことの1つ。

それは、語呂にこだわる方が多いということです。

 

手書きPOPに書くメッセージ。

  • 耳触りのよくなるように、、、
  • 語呂がよくなるように、、、
  • リズムが出るように、、、

ここを意識し過ぎる方がかなり多いのです。

 

そして、気にし過ぎるがあまり、どこかで聞いたことのある。

新鮮味に欠ける。

ありがちなメッセージになってしまう。

このケースが非常に目立ちます。

 

例えば、、ですよ。

あなたが食品スーパーで働いているとして。

今週の重点商品として、イチゴを売ることになったとします。

その時に、イチゴにつけるPOPメッセージを考えた。

そこで語呂の良さを意識するがあまり、

「さっぱりとした甘さがさわやかです」

といった手書きPOPをつくった。

…これって、お客さまの心に響くと思いますか?

たしかに語呂はイイ

読んでみたときに、リズム感もある。

耳触りもいい。

しかし、、ですよ。

  • 「さっぱりとした甘さ」

って、一体どんな甘さなのでしょう?

 

  • 「甘さがさわやか」

って、どんな感じなのでしょう?

 

読んだときのリズム感や語呂の良さというのも、たしかにポイントの1つです。

しかし、あなたが手書きPOPを書かれる目的というのは、何でしょう?

 

…映画ポスターにつかわれるコピーをつくりたい。

ここではないですよね?

 

…販売する商品を売る。

これがあなたが手書きPOPを書く目的のはず。

であれば、語呂とか耳触りの良さとかを気にし過ぎないことです。

語呂が良さでは、お客さまの心は動きませんから。

耳触りがいくら良くっても、お客さまの行動(購入)にはつながりにくいです。

 

あなたが伝えるべきは、

そのイチゴの「さっぱりとした甘さ」というのは、どういう甘さなのか?

具体的にお客さまに伝えてあげることです。

「さわやかな甘さ」ではなく、もっとリアルな生活感のある言葉で伝えてあげること。

これが、手書きPOPで成果を上げる。

モノを売るということではないでしょうか?

 

さて、1つ確認してみましょう。

 

今あなたのお店の売場に手書きPOPがあるとしたら、、、。

そのメッセージは、ものごとを具体的に表現しているか?

語呂やリズムの良さに重点が置かれたメッセージになっていないか?

ぜひ、チェックしてみましょう。

成果を上げる手書きPOPを作り上げる1つのステップです。

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。