手書きの威力~あなたも試してみよう

 

heavy-934552_640

 

手書きの魅力の1つ。

それは、書き手の存在が伝わること。

 

お客さまは、あなたの手書きの字から手間と心遣いを感じとる。

そして、そこに特別な感情を抱く。

結果、

「じゃあ、一度買ってみようかな」

という行動を導き出すのです。

 

今日は、手書きPOPを通じて、「手書き」の威力とはどんなものか?

ある実験の話をシェアしながらお伝えいたします。

興味深い、ある実験結果

社会学者のランディ・ガーナーさんという方が、こんな実験をしました。

 

ある調査票に依頼状を添えて送りました。

その際の送り方は、以下の3通りに分けました。

  1. 「調査票の記入をお願いします」と手書きで記した付箋をカバーレターに貼ったもの
  2. 直接カバーレターに同じメッセージを手書きで記したもの
  3. カバーレターと調査票のみ

以上3つの中で、あなたはどの送り方が1番反応が高かったと思いますか?

調査票の回収率が高かったのは、どれだったでしょう?

 

…結果は以下のとおり。

調査票に記入後、返送してくれた人は、

  1. 75%以上
  2. 48%
  3. 36%

1.の手書きのメッセージを書いた付箋を貼ったものが1番反応が高かったのです。

 

さらに、ガーナーさんはこの実験結果からあることを考えます。

今回の場合、付箋が蛍光色だったので、それが目立ったのでは?

調査票の受け取り手に目が留まりやすくなり、1.の返送率が高くなったのでは?

 

 

そして、また新たな3グループに調査票を送ることになりました。

  1. 手書きの付箋を貼る
  2. 何も書かれていない付箋を貼る
  3. いっさい付箋を貼らない

この3グループです。

付箋が蛍光色で目立つから調査票の回収率が高いのなら、1.2.ともに結果も高くなるはず、、、そう考えました。

結果は、

1.69%

2.43%

3.34%

の回収率となりました。

 

1.(手書きメッセージ付)と2.(メッセージなし)の回収率に差が出たのです。

 

ここから、ガーナーさんが結論づけたこと。

手紙(調査票)の受け取り手は、手書きメッセージつきの付箋をみることで、そこに送り主の「手間」と「心遣い」を感じた。

そして、その気持ちに報いなければ、、、そう感じたのでは?といっています。

 

さらに、もう1つ興味深い調査結果が研究から証明された、とも。

1.の手書きの付箋つき調査票を受け取って記入した人達は、2.3.の人たちよりも短期間に、より詳しく丁寧な回答をしてくれた。

さらに、

付箋に送り手のイニシャルを入れたり、「ありがとうございます」と書き添えたりしてもっと親しみを込めた場合、回収率はさらに上がった。

といっています。(「影響力の武器 実践編」より引用)

手書きの威力

今回の実験は別の観点を調べる目的で実施されたのですが、この結果から我々が学べるポイントが視えてきます。

それは、何か?

 

情報の受け取り手は、「書き手」の「手間」や「心遣い」を感じとっている、ということ。

そしてこの手間と心遣いこそが、「手書き」に備わっているチカラなのではないでしょうか?

 

例えば、あなたが書かれる手書きPOP。

これにも意味があり、使い方次第でその効果を高めることができるのです。

 

POPを見るお客さまは、その文面からあなたの「手間」と「心遣い」を感じ取っている。

ですので、そのメッセージにもその感情が伝わる内容が書かれていると、

  • 「あぁ、ここまで書かれているんだから、よっぽど良い商品なんだろう」
  • 「あぁ、ここまで書かれるということは、(お店の人は)よっぽどこの商品を勧めたいんだろうな」
  • 「何だか、こだわりを感じるな」

そうお客さまは感じ、イコールこの気持ちが、

「一度、買ってみようかな」

という行動に芽生えるのではないでしょうか?

 

お客さまは、あなたの書かれた手書きPOPを通じて、アナタの気持ちを受け取っているのです。

それは単に、字がキレイとか。

デザインがお洒落とかいう問題とは別次元の話です。

 

…手書きの魅力の1つ。

それは、書き手の存在が伝わること。

お客さまは、あなたの手書きの字から手間と心遣いを感じとり。

そこに特別な感情を抱くのです。

結果、「じゃあ、一度買ってみようかな」

という行動を導き出すのです。

 

まだトライされていなければ、勇気を出して、手書きPOPを始めてみるのはいかがですか?

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。