翌月に主力商品の売上は143%

ddf5a4072ed534c1a16ffa1033a292b6_s

 

業種によって、まだまだ浸透していない手書きPOP。

あるいは実践されているけど、成果(売上)につながっていない手書きPOP。

いろいろ実感します。

 

例えば、パン屋さん。

僕も大好きなので、よく買いに行くんです。

いろんなお店を巡らせてもらうけれど、手書きPOPを実践されているお店。

少ないと思います。

(どうでしょうか?)

 

もしも、あなたがパン屋さんを営まれているのなら、まだまだチャンスは眠っていると思います。

1ヶ月で主力商品の売上が143%になったパン屋さん

実際に関わらせてもらった、あるパン屋さんの話。

そのお店では、手書きPOPを導入することで主力商品の単品売上が143%になりました。

サポート開始翌月に、結果としてあらわれました。

 

訪店1ヶ月目、

 

まず、店主さんに、

「手書きPOPやると、いいことあるんですよ。売上も伸びるんですよ。

一緒に取り組んでいきましょう」

といった感じで、手書きPOPの重要性を共有してもらいました。

 

そしてマインドの部分だけじゃなく、書き方についても店主さんとマンツーマンで指導しました。

 

はじめに書き方をお伝えして、その後、目の前で実際に手書きPOPを書いてもらいました。

時折、店主さんの筆が止まったら、こちらから質問を投げかけて。

「どうして、●●は、、、、なんですか?」

「どうして、、、、こだわりを持っていらっしゃるんですか?」

 

店主さんの思考が常にプラスに、プラスになるように働きかけていきました。

 

初日は、主力商品の手書きPOPを1枚仕上げてもらいました。

僕が滞在したのは、3時間。

その間に、1枚を完成。

そして、そのPOPを実際に売場に設置。

次回1ヶ月後に訪店するときまでに、反応を確かめてもらう。

そんな約束をして、その日はお店を後にしました。

1ヶ月後、お店へ訪問

約束していた日に、またそのパン屋さんへ。

そして、前回からの1ヶ月間の報告をヒアリング。

例の主力商品の手書きPOPの結果も、お聞きしました。

 

店主:「いやぁ、結構売れてる感じでしたよ」

僕:「結構って、どれくらいですか?」

店主:「うーん、、、、」

 

店主さん、きちんとその商品の売上数値を抑えられていませんでした。

手書きPOPを設置してから1ヶ月間。

どれくらい売上に変化が出たのか?

追跡されていなかったんですね。。~~;

 

余談ですが、まぁ、よくあるんです。僕がお伺いするお店さんでは。。

(というのも、小規模店が多いので売上データを残すみたいな機械がないんですよね)

なので、売上数量を調べるときには、【仕入数】から【在庫数】を引いて、、、といったことをよくやります。

 

そのパン屋さんでは、幸いレジから1ヶ月間の売上データを拾うことができました。

レジで、カシャカシャカシャー

記録を出してもらいました。

すると、前月の売れ数700個に対し、手書きPOPを設置後の1ヶ月間の売上は1,000個以上の数値として表われました。

 

「もぅー、きちんと数字を追ってくださいよー。

こうして数字で成果が出ているのを見ると、モチベーションが高まるでしょう。

やったことが売上につながっている、ってヤル気になりません?」

そんなことを店主さんに冗談交じりで言ったのを憶えています。

 

っと、このように、今回の事例としてご紹介したお店はパン屋さんでした。

が、パン屋さんに限らず、他の業種でもまだまだ可能性は眠っています。

小売酒屋、薬局店、、美容院、和菓子、洋菓子店、、、、、etc 他にもいっぱいね。

手書きPOPを実践することで、伸びる要素は多いです。

 

業種によって、まだまだ浸透していない手書きPOP。

あるいは実践されているけど、成果(売上)につながっていない手書きPOP。

早いタイミングで実践したほうが有利です。

同業他店が実践、成果を上げられるより前に、ね。

いろいろとトライされてみてくださいね。

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。