小規模店の店主さんには、●●タイプが多い?

 

construction-1121062_640

 

「えっ、そんなにこだわっていらっしゃるんですか!?」

先日、ある飲食店さんで僕が発した一声です。

 

以前からお店の存在も知っていた。

お店の前もよく通っていた。

(一度だけど)お店を利用したこともあった。

 

…だけど、だけど、

そんなにもこだわったお料理を出されていること、全然知りませんでした。

小規模店の店主さんには職人タイプが多い?

毎月、さまざまなお店の方々とご縁をいただいて感じることなんですが、

店主さんには、ある一定のタイプの方が多いよな、

そんな風に思うことが多いです。

 

「職人気質タイプ」、

この方がすごく多く感じるのです。

 

すごくザックリとした分け方で恐縮なんですが、特に個人店や小規模店の場合はそのように思うんです。

 

例えば、どういう感じか?

飲食店さんにたとえて言うと。

 

お店で出されているメニュー。

そこで使用する材料は、ものすごくこだわっている。

  • 地元産のモノのみ使用
  • 化学調味料はいっさい使っていない
  • 多少高くても良いモノを求めて、県外から仕入れている
  • 仕込も、同業店の倍の時間をかけている
  • 店主さんが納得した(自分が食べたいと思える)モノしか提供しない

といった感じ。

 

でね、この職人気質の店主さんは、良い商品をつくられる。

品質の優れた、こだわったモノを開発される。

ここに、ものすごく長けていらっしゃる。

 

ただ一方で、苦手にされていることもある。

 

「伝える」ことが苦手。

ここにあまり力を入れられていない。

そんな風にも感じます。

お店のスタンスにもよりますが、、、

「こだわりも伝わってこそ」だと僕は思うのです。

  • 発信する
  • その(こだわっているという)情報をお客さまにキャッチしてもらう

そこで、ようやくその商品の価値が生まれる

そう信じています。

 

「なかなか時間をとれない、、、」

「わざわざ伝えるなんて恥ずかしい、、、」

「他所もやっている当たり前のことだから、、、」

いろいろな理由はあると思います。

 

ただ、伝えないとお客さまには伝わりません(当然のことですが)。

そして、伝えても伝わらないことが多いのが現実です。

伝えた情報量のうちのどれだけを、お客さまがキャッチしてくれるのか?

というハードルも立ちはだかっています。

 

いずれにしても、伝えるという行為なくしてスタートはありません。

お客さまとの出逢いはありません。

新しいお客さまとの物語は始まりません。

 

手書きPOPでも、チラシでも、、、

あるいは今お見えになっているお客さまへニュースレターを手渡しする。

何かアクションを起こすことで、新しい物語が始まるのではないでしょうか?

 

…冒頭の話から少しズレましたが、せっかくなされている「こだわり」。

そちらをご存知じゃない(見込みの)お客さまも多いはず。

「伝える」という行為をどんどんしていただきたいな、と思っています。

そして、僕もそのお手伝いをしていきたい。

先日、サポートに伺った帰りにこんなことを考えていました。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。