「自分探し」の旅へ行ってきます('ェ')

 

aircraft-take-off-123036_640

 

ビザの関係で1年しか滞在できない。

残り3ヶ月で日本へ帰国しないといけない。

切羽詰まった僕がとったある行動、、、

 

当時24才。

ニュージーランドに1年間住んでいたときの話です。

24才の夏、8月。

僕はワーキングホリデーという制度で1年間ニュージーランド(以下NZ)へ滞在していたことがあります。

 

いろんな土地をまわり、いろんな仕事にも就きました。

最後に住んだのは、オークランドというNZ第2の都市です。

ここでNZ生活、残りの3ヶ月を過ごすことになりました。

 

ただ、僕のなかには1つ懸念がありました。

「オレ、結局何も達成せずに日本帰るやん、、、」

という焦りでした。

 

そもそもNZへ渡ったのは、

「何か自分の好きなこと、熱中できることを見つける」

これが目的だったんですね。

なのに、9か月が経って何にも自分のなかに残っていない。

楽しく生活してたけど、日本に帰ったときに使える財産みたいなのがない。

日本に帰って仕事に就いてもまた同じことの繰り返しやん。

ということに気づいたんです。

…そこで、僕はある決心をしました。

「英語を話せるようになろう」

せっかくNZで1年も住んでるんやから、英語を話せるようになって帰国しよう。

日本に帰ったら英語をつかった仕事をしよう。

そう思い、行動にでました。

(というか、9ヶ月経ってから…というのは遅すぎ?)

 

「…英語を学びたいんだったら、オークランド大学へ行ってみたら?」

ある時、知り合いのNZ人からアドバイスを受けます。

 

なにやら大学へ行くと、日本人が重宝されるらしい。

というのも、日本語を学びたい学生が多いとのことで。

「日本人の僕が先生になって、日本語を学ぶ」

ここに需要があるらしいのです。

 

さらに、日本語を教えるお礼に相手から英語を学べるとのこと。

【僕】→日本語→【相手】

【僕】←英語←【相手】

 

1対1、マンツーマンでお互いに教え合うExchange(エクスチェンジ)と呼ばれるものでした。

 

これはいいやと思って、早速大学へ。

校内の掲示板には、広告がいっぱい貼られていました。

「Exchange、日本人募集!」

みたいなメッセージが貼られていたんです。

(英語で書かれていたんだけど、どんなのが書かれていたのか?憶えていない)

1枚に連絡をとり、後日会うことに。

約束の時間に、オークランド大学へ。

約束の場所には、1人の男性が。

年にして僕より年上っぽい、社会人の感じ。

うん、うん、真面目そうだし、いいね。

 

「んっ?・・・ちょっと待って!?」

僕は、1つ問題に気づきます。

 

その彼は僕と同じ雰囲気です。

どう見ても、アジア人。

話をしてみて分かったのですが、彼は韓国人でした。

 

・・・。

僕は結局、そのエクスチェンジを断ることにしました。

 

当時、ニュージーランドの海で~後ろに映っている黒いのはオットウセイ(…アシカ!?)

当時、ニュージーランドの海で~後ろに映っている茶色いのはオットウセイ(…アシカ!?)

「誰から学ぶのか?」

「何を買うのか?」も大切だけど、

「誰から買うのか?」に、もっと重きが置かれている。

勉強熱心なあなたなら、一度は聞かれたことのある話じゃないかと思うんです。

 

簡単に説明すると、情報流通が発達しているおかげで選択肢が増えた。

何か1つの商品を買うにしても、同じような「モノ」がいっぱいある。

  • 何を買えばいいのか?

選択肢が増えたせいでお客さまは分からなくなっている。

そのため、誰から買うのか?

の「誰から」の部分を重視する消費者が増えている、という話です。

 

例えば、先ほどの僕のNZの話でいえば、

「僕は英語を学びたかった」

だけど、

韓国人の彼からは、英語を学ぼうとは思わなかった。

というのも、本物の英語を学びたかったから。

ネイティブ(英語を母国語とする)の方から学びたかったから。

韓国人の彼から学ぶのは、ちょっと違うんじゃない?と思ったから。

 

「…何を学ぶのか?」

「…何を買うのか?」はもちろん大事です。

しかし今、さらに重要視されているのは、「誰から?」の部分です。

  • どんな人から買いたいのか?
  • どんなお店で買いたいか?
  • どんな人から学びたいのか?

いろいろと答えがあると思うんです。

あなた自身だったら、どんな点を重要視されますか?

 

■追伸:

結局、僕はその後、語学学校で英語を学ぶことになりました。

といっても、学校にはアジア人がいっぱい溢れていましたが(笑)

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。