「目を引く手書きPOP」と「売上につながる手書きPOP」は実は別

 

「目を引くPOPの書き方が分からない、、、」

よくご相談を受ける内容の1つです。

昨日もお二人の方から同じご相談をいただきました。

 

…お客さまの目を留めたい。

たしかにその気持ちはすごく分かるんだけど。

その前に、1つ意識しておきたいことがあるのです。

 

それは、「目を引く手書きPOP」と「売上につながる手書きPOP」は別ということです。

ここを混同していると、せっかく手書きPOPを書いたのに成果につながらない。

そんな状態を招いてしまいます。

ちょっと手書きPOPの事例をご紹介しながら、説明していきますね。

どちらの手書きPOPが目を引くか?

例えば、こちらの2枚の手書きPOPをご覧いただけますか。

以前にもご紹介したことのあるPOPです。

青果卸売市場の関係者を対象に、高知県で手書きPOPセミナーを開催したときに書いていただいたものなんです。

卸問屋の奥さまが書かれた手書きPOPです。

 

卸売市場の方対象の手書きPOPセミナーで参加者が書かれた

 

 

つづいて、こちら。

 

八百屋の手書きPOP セミナーを受けた後

 

この2枚の手書きPOPを見たときに、どちらがあなたの目を引きますか?

 

 

…おそらくなんだけど、前者(イラスト付き)の手書きPOPを選ばれた方、

多いんじゃないでしょうか?

(あなたもそうかな?)

 

実はこちらの2枚の手書きPOP。

同じ方(セミナー参加者さん)が書かれています。

前者がセミナーをうけてすぐ。後者がセミナーの終盤に書かれたモノです。

 

っで、少し説明をすると。

前者のPOPはイラストもあって、「カブ」って大きく書かれていて目を留めやすい。

そんな感じしますよね。

 

一方、後者の手書きPOPはというと、、、

  • イラストはない
  • 字も多い
  • 書かれている文章も長い

 

「これでは、お客さまの目を引くどころか読んでくれないよな」

そんな風に思われたのではないでしょうか。

「目を引く手書きPOP」と「成果を上げるPOP」は種類が違う

こんなこと言うと、

「臼井なに言ってんだ!?」

と思われるかもしれないんだけど、大切なことなのでお伝えしたい事実があります。

それは、

「目を引くPOP」がイコール、「成果の上がる手書きPOP」とは限りません。

お客さまの目を引いても、成果につながらないPOPというのは、たくさんあるのです。

 

逆に、見た目パッと目を引く感じはないけれど、成果を上げる。

売上につながる手書きPOPというのも存在するのです。

 

【目を引く手書きPOP】≠【売上につながる手書きPOP】

 

実は、ここを混同していると、なかなか成果につながりません。

せっかく手書きPOPを書いても、お客さまの行動につながらない状態になってしまうのです。

 

手書きPOPで成果を上げようと思えば、お客さまの「行動」につなげなければなりません。

お客さまの行動というのは、言ってみれば「購入」です。

そして、その購入につなげるために必要なこと。

それは、お客さまの心を動かすことなのです。

 

ではもう一度、先程の2枚の手書きPOPをご覧になってみましょう。

どちらのPOPがあなたの心に響きそうか?

少し考えてみると、1つのヒントが見つかるのではないでしょうか。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。