【調剤薬局の手書きPOP事例】もっとも必要な要素がココなんですよ

 

今日はお客さまに喜んでもらえる手書きPOPの書き方の話です。

そして手書きPOPでもっとも必要な要素です。

 

お客さまに読まれ、共感されやすい手書きPOPの1つ、

それは、「人柄」の伝わるモノです。

読んだときに、そのPOPを書いた人の存在感や人柄を感じられる。

これこそが、お客さまに読んでもらえ共感されるPOPになってきます。

 

1枚の手書きPOPの事例をご紹介しながらお話ししていきますね。

こちらの手書きPOPをご覧いただけますか

先日、北海道のある企業さん(調剤薬局)で社員研修をおこなってきました。

その時に、職員のお一人に書いてもらった手書きPOPです。

(100名以上の職員さんが参加されていたので、その中の1枚です)

 

1グループ-1

 

衛生的って、大事!!

使い捨てサージカルマスク

 

これからの季節、風やインフルエンザの予防のためにマスクは大事です!

このマスクは使い捨てなので、とっても衛生的です。

大容量なので、私ももったいないって気持ちは捨てて1日3~5枚使用しています。

やはり、衛生的でないと菌から自分を守れませんからね^^

私の家族もこの価格と大容量にひかれて、この冬も購入済みです!!

●●●円

 

これからの季節に欠かせない、使い捨てマスクのPOPです。

2時間半の研修会のなかで、実際に現場(薬局)で働かれているスタッフさんに書いてもらいました。

 

下書きの段階でこれから清書ですが、読まれてみていかがですか?

どんな印象を感じますか?

まるで語りかけられているような…

いつもよくお店で読んだりする手書きPOPと少し違う、

そんな感じがするのは、僕だけでしょうか?

 

従来よくあるPOPっていうと、売り込み色を感じるモノが多いですよね

こう何か一方的に、商品の良さを伝える。

そして、オススメする。

いわゆる「広告」的な手書きPOPです。

 

ただ、こちらのPOPはどうでしょうか?

一方的な売り込みメッセージが書かれているでしょうか。

僕は読ませてもらったとき、書かれている内容がスムーズに心に入ってきました。

広告特有の売り込まれている感は、ほとんど感じなかったし。

 

っで、さらに言うと、

「まるで、この手書きPOPを書いた職員さんと直接話をしているみたいな…」

そんな感じがしたんです。

お店全体の「個性力UP」にもつながってくる

…僕は手書きPOPのセミナーをするときには、なるべく書く人(オーナーさんや従業員さん)の人柄や個性が伝わるPOPにしたい。

そう思って、その書き方をお伝えします。

その答えを気づくための質問を投げかけます。

 

そう、POPを書く方の「人柄」を伝えることがすっごく大事なんです。

 

この人柄の部分が抜けて、商品の価値を伝えるだけになると、先ほど言ったような広告的なPOPになってしまう。

っで、お客さまに読まれないし、読んでもらっても成果につながりにくくなるのです。

 

逆に、そのお店で働く従業員さんの人柄が伝わる手書きPOP。

そのようなPOPがお店中にあると、オモシロいお店になります。

来店して、POPを読むだけで楽しい気持ちになれる。

「とりあえず、あのお店行ってみようか」

商品力以外の部分で、お店の個性を創ることにもつながってきます。

 

結果、手書きPOPを通じて商品が売れるようになる。

すると、そのPOPを書かれた従業員さんも悦びを感じる。

自分の書いたPOPが成果につながっている。

役に立っている。

次第には、お客さまからも話しかけられる機会が増えてきます。

 

すべてが好循環にまわり出すのです。

 

そのためにも、手書きPOPに必要なのは、「人柄」。

書いた人の「人柄」が感じられるPOPこそが、お客さまの求めているモノなのです。

そして、成果にもつながるPOPになってきます。

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。