売り手には分からなかったお客さん視点に気づくワーク

 

 

先日、手書きポップの講習会を行っていました。

その参加者のなかのお一人、お土産店で働かれる女性スタッフYさん。

講習会にも3ヶ月連続で参加されていて、スキルUPされています。

そして、その中で1枚の手書きポップを書かれました。

 

2015-09-24 09.38.41

 

ついに出た BU酎ハイシロップ 常温タイプ360ml ¥780

待ちました 待ちました。

首を長ーくして待ってました。

冷凍タイプしかなかった、ぶ酎ハイシロップがどこでも手軽に作れるように

この度発売された常温ターイプ!!

 

「一度封を切ると冷蔵庫に入れなきゃいけないの!?」

との心配もご無用!!

直射日光が当たらない場所ならOK

 

「よく出回っているチューハイの素とどこが一番ちがうの?」

との声もよくお聞きしますが、なんといっても果汁の含有量。

何とぶしゅかん果汁を80%使っているんです。

だから後味のスッキリさは群を抜いています。

私の友人達も「ぶしゅかんって、こんなに美味しく変身するの!?」

とすっかりハマってます。

これ1本でチューハイが約15杯作れておサイフにもやさしいー

さわやかでうれしい、おすすめの1本です。

 

実は、こちらのポップ、

ある1つのテーマに沿って書かれているんです。

いったい何のテーマかお分かりですか?

 

答えは、、、

「お客さんに質問されることをポップにしているんです」

売り手には分かりづらいお客さん視点に気づく方法

僕がおこなう講習会のワークの1つに、

「相手から質問されたことをポップに書く」

というのがあるんですね。

 

2人1組でペアになって。

1人は、お客さん。

1人は、お店の人になってもらいます。

そこでまず、お店の人がお客さんに商品をセールスする。

その後こんどは、お客さんからその商品について質問をしてもらうんです。

っで、そこで質問されたことをポップに書いていきます。

 

これをやると、売り手には分からなかったお客さん視点に気付けるのです。

 

実際お客さんの立場からすれば、店員さんに質問をするのってハードルが高いと感じる方もいますからね。

「わざわざ質問したんだから、買わなきゃいけなくなっちゃうかも、、、」

そんな心理が働いて、なかなか質問できない方もいると思う。

 

なので、代わりにポップを売場に置いておく。

ポップに接客してもらう。

質問に答えてもらう。

こんな役割もポップはできるんです。

 

 

通常だったら、お店の店員さんに聞く商品のこと。

それをポップに書いておいて、読んでもらう。

商品に関する質問を、ポップに答えてもらう。

これがデキれば、わざわざあなたが売場に立たなくても済む。

そんなケースが増えてきます。

 

…ちなみに今日ご紹介した手書きポップ。

いったん売場を通り過ぎたお客さんが、また戻って商品を買ってくれた。

など、順調に成果を上げられているそうです。

 

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。