字に自信がない僕でもデキた!筆文字のススメ

 

「字を書くのが苦手…」

という方の声、やっぱり多いです。

 

字の巧拙が手書きPOPの成果に影響することは、キホンないです。

字がうまくないから、成果が上がらない。

お客さんが商品を買ってくれない。

っていうことは、ほぼないです。

(お店のイメージ、雰囲気を伝えるという点では、影響ががあるかもしれませんが)

 

ただ、そうは言っても問題はそこじゃないんですよね。

手書きPOPを書く側としたら、自分が書いた字がお客さんに見られる。

恥ずかしい。

こっちの気持ちが強いわけですよね。

 

というわけで今日は、字に自信がない方でも手書きでPOPを楽しく書く。

そのための話をします。

字に自信がない方は、こっちがオススメ

まず、こちらを見ていただけますか。

僕が地元で開催している「筆文字教室」の資料です。

(「書く・伝える」を楽しんでもらおうとスタートしました)

 

筆文字教室でつかっているサンプル

筆文字教室でつかっているサンプル

 

筆文字で書いています。

そう、ズバリ!この筆文字がオススメです。

 

…今さらという感じかもしれないんだけど、筆文字です。

というのも筆文字だと、字のうまいヘタを誤魔化せますよ。

何を隠そう僕だって、字には自信がなかったから。

 

僕もはじめ販促物を書いていた頃は、マジックをつかってました。

こんな感じ。

 

10年前、産直店ではじめて書いたお便り(生産者さんへ向けて)

10年前、産直店ではじめて書いたお便り(生産者さんへ向けて)

 

どうです?

少し自信出たんじゃないですか?

けっして、お世辞にもうまいとは言えないでしょう(笑)

 

こういう字で最初はお店中の売場に、手書きPOPを書いていた。

 

…っで、書くうちに、だんだん分かってきた。

マジックより筆文字の方が字に「味」が出ると。

お店の現場で、お客さんがいない隙にパパッと書いていたんで、書く時間もあまりなかった。

そんなとき、筆ペンは役に立った。

僕のヘタな字を、「味」のある字にチェンジしてくれた。

 

当時はたらいていた産直店のレジで配っていたお便り

当時はたらいていた産直店のレジで配っていたお便り

 

どうです?

少しはマシになっているでしょう!?(笑)

まずは、チャレンジしてみよう

「字に自信がない…」

「やわらかい文字を書きたい…」

そのお気持ち分かります。

だけど、そこが壁になって、手書きPOPを書かなくなるはモッタイない。

 

筆ペンでチャレンジしてみてください。

初めはうまく書けないかもしれないけど、書いているうちに段々カタチになってきますから。

筆文字ライフを楽しまれてくださいね!

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。