共感されるPOPやチラシにあるモノ

POPやチラシなどの販促物を書こうとすると
どうしても、テクニックに走りたくなります。

「インパクトのある言葉を使いたくなったり」
「お客さんの心に響く強烈なキャッチコピーはないものか?」

そんなことを考えがちです。

でも、それってどうなんでしょう??

また、臼井はエラそうなこと言ってぇ、と思われたくないから

念のため言っておくと、僕も冒頭で話したようなテクニックに走っていたことがあるのですよ。

というか、今でも小手先のテクニックに頼って失敗するケースがよくあります。
あら、全然売れなかった・・・なんてことが(笑)
そこで、猛省するわけなんですけどね。

以前、手書きPOPの講習会を行った時のことなんですね。

ちょうど1年前の今頃だったと思います。

有機農業を学べる学校での講義でした。

これから就農される生徒さんと一緒に手書きPOPの勉強をしたのです。

そこでもハッと、気づかされました。
「やっぱり、コレじゃないの!」と。

(冒頭の手書きPOPの写真です)

 

 

販促物から、思いが伝わってくると響きます。
売り手や作り手の気持ちが伝わってくると、感じるものがあります。

テクニックだけで気持ちのこもっていない文章やコピーよりも
ずっと伝わってくるモノがあります。

「思いを伝える」なんて言われると、暑苦しく感じるかもしれません。
だけど、読む側(お客さん)は、そこに共感するんですね。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。