「なにかオススメなーい?」って、お客さんから聞かれる販売員さん

 

「お客さんは買いたいモノを探してる」

最近、よく感じることです。

 

僕自身がそうなんだけど、欲しいモノって中々なくて。

 

買い物に行ったりしても、カタログとかを見たりしていても、

「コレ、買いたいなぁ」とか

「コレ、オモシロそう!」とかっていう感情があんまり湧かなくて。

(物欲なさ過ぎっていうのも要因かも、、、だけど(笑))

 

 

・・・昨日も書いたように今のお客さんって、

「安いモノを探してる」

っていうより、

「何かオモシロいモノを見つけたい」

こっちの欲求が強いように思うんです。

 

でね、「やっぱり、そうだ!」

って、今話したコトを実感させる、そんなデキゴトが昨日もあったんです。

 

 

今朝の朝焼け。起きるのがいつもより遅かった分、見れた(笑)

今朝の朝焼け。起きるのがいつもより遅かった分、見れたのかな

 

 

 

「なにかオススメなーい?」って、お客さんから聞かれる

昨日ね、僕がやってるサポートの「手書き販促クラブ」の会員さんと電話相談の日だったんですね。

 

その中で、話していた会員さんのお一人。

実店舗を持たれず、カタログなどで商品を販売される女性の方(以降、Sさん)がいらっしゃって。

 

そのSさん、今月チラシを活用されて順調に売上られているんです。

もう、昨日の電話の声のトーンからも、その絶好調ぶりが伝わってくるくらいにね(笑)

 

っで、話の中で、Sさんがおっしゃっていたコトの1つに、ちょっと興味深いくだりがあったんですね。

 

 

今月、手書きチラシをつかってオススメ商品を販売されているSさん。

堅調に売上を伸ばされている。

そのSさんがお客さんと会ったり、電話で話されていると、お客さんの方からこんな言葉をかけられるそうです。

 

「何かオススメな~い?」

 って。

 

お客さんって、買いたいモノを探してる

普通だったら、売り手の方(今回だったら、Sさん)から商品を売るためにオススメをするじゃないですか。

売上も上げたいし。

 

でもですよ、今回のSさんの言葉は少し違う。

 

「お客さんの方から”何かオススメない〜?”って、聞かれる」

っていうんですよ。

 

まるで「何かオススメしてよー」って言わんばかりにです。

 

 

冒頭の話じゃないけれど、

「安いモノを探している」

そんなお客さんばかりじゃなくて、

「なにか面白いモノないかなぁ?って、買うモノを探している」

そのようなお客さんもいる、っていうコトを実感させる話です。

 

 

・・・私感も込めていうと、お金を使う場所を探している、というか。

 

よく言われているコトバだけど、

「心を満足させてくれる、充足させてくれる」

そんなお金の使い方を求めているんでしょうね。

 

 

「お客さんが求める何か面白いモノ」っていうのは、何も突飛な商品じゃなくてイイ。

他のお店で売られていない、ユニークな商品が勿論いいんだけど。

 

何よりも重要なのは、

「お客さんに、コレ、オモシロそう!」

そう思ってもらえる伝え方。

オススメの仕方。

 

今回ご紹介させていただいてSさんが順調に売上られている商品も、10年以上前から販売されていた商品です。

ただ、今年は、いつもとチョット伝え方を変えた。

そしたら、いつも以上にお客さんに悦ばれるようになった。

ココの違いなんですね。

 

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。