社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

コミュニケーション上手になりたければ、POPを学べ

コミュニケーション=販売の極意、

だと信じています。

POPやチラシ、ニュースレター、
販促物にはさまざま存在します。

SNSやネット広告なども含めると
数々の媒体が存在します。

しかし極論を言えば、根本はすべて同じ。

『伝える』が軸になっています。

POP=コミュニケーションの極意

コミュニケーションがうまい人や
お店には人が集まっています。

個性や強み、商品のこだわりを
しっかり伝えることができている。

だから、人が集まるのだと思います。

逆に、人が遠ざかる商品が売れにくいお店は
コミュニケーションが苦手。

本来持つ個性や価値、魅力を伝え切れずにいる。

ある意味、もったいない状況を招いている。

そう感じるのです。

私たちがお相手するお客さまは、人間です。

どれだけ時代が変わっても人間を相手にする限り
その本質は変わらないはず。

すべては人間心理

相手を理解し、自分の意見を伝える。

人間心理を知り人間の感情を理解していれば
相手とも関係を築きやすい。

相手に信頼されれば商品も売れるし
お客さまも集まってくれやすくなる。

コミュニケーションのコツを掴めば
あなたの強みや商品の素晴らしさを
99%伝えることができます。

あなたが持つスキルもこだわりも
お客さまに存分に堪能していただけます。

周囲ではコミュニケーション術を手に入れ
数多くの仲間が成果を掴まれています。

そして結果を掴んだ方々には
ある1つの共通点があります。

成果をつかむ仲間の共通点

それは、

  1. 伝える本質
  2. コミュニケ-ションの極意

を習得されたこと。

そしてそれらの入口となったのが
ずばり、POPです。

コミュニケーション術を学ぶうえで
POPは最強ツールです。

毎年、大学や高校の講義でもPOPを活用した
コミュニケーション術を生徒と学んでいます。

相手を理解する。

自分の意見を伝える。

コミュニケーションの土台であり
人間関係の根本をPOPを通じて学んでいます。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。