僕にはこたえるんです、、、

 

おはようございます。

今朝の高知は、雨がポツポツです。

 

これから近所にある堤防の草上げ作業があるんです。

堤防の斜面に生えてある草(もう刈ってはくれている)を堤防の上まで上げてくるっていう作業。

レーキを使ってやるんですが、これが結構辛くてね。

日頃、運動なんてしていない僕にはこたえるんです。

 

今日は雨も降っているけど、やるんだろうか?

 

 

・・・まぁ、とはいえ、それまでに毎週日曜日恒例の”先週1週間のおさらい”をしておきます。

ニュースレターや手書きPOPの事例も紹介しています。

もしも、逃している記事があれば、この機会にご覧になってくださいね。

では、、、

 

 

日頃散歩でよくお世話になっているこの堤防

日頃散歩でよくお世話になっているこの堤防~今日は雨だけどね

 

 

 

先週1週間のおさらい
 手書きPOPを書くときに、「何色くらいつかったらイイんだろう」って考えたことないですか。
 僕の考え方は、そんなに多色じゃなくってイイ。カラフルになり過ぎると、、、
 
 これら5つ+1を順にステップを踏んでいく。
 1つずつ上記に書いたステップごとに●●を決めていくと、手書きPOPがデキあがります。
 そして、スムーズにデキあがりやすい。
 
 「美味しい」、「こだわっている」に、プラスαする。
 「手書きPOPのオモシロい、●●屋さん」にもっていくんです。
 ・・・手書きPOPでね。
 
 散髪に行ったとき、話しがしやすくなる。髪以外のことでも話が盛り上がる。
 今まで以上にお店に思い入れを持つ。
 そんな気持ちになったお客さん、きっと、友だちとかにも紹介したくなるし、
 家族にもチョット自慢したくなるかもしれない。
 
 たとえ紹介するモノが違ったとしても、考え方ってあまり変わらない。
 紹介する、その●●を商品として考えてみればイイんです。
 
 経験が先。理論や知識は、その経験を腑に落とすモノ。
 農業経営者の方から聞かせていただいた名言です。
 

 

 

・・・っと、堤防に人がでてきたみたい。

雨の中、草上げ作業が始まりそう。

 

僕も足を滑らさない程度にガンバってきます。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。