「今度は友達を連れてくるわね!」そんなコトまで言ってもらえるように

 

僕は以前、従業員2名の小さな産直ショップで働いてました。

 

そのお店には、明確なウリがありました。

そのウリがあったお蔭で随分と助けられました。

例えば、その1つが、商圏外からのお客さんが多かったこと。

 

 

1時間以上かけて遠方から来店してくれる

 

大阪のお店だったのですが、

京都、兵庫、奈良など車で1時間以上かけて来店してくださる方が多かったんです。

 

売場面積30坪の小さなお店に、1時間以上かけて・・・デスヨ。

しかも、その方々の客単価がべらぼうに高かった!

 

せっかくだから・・・と、何千円も買って帰ってくれる方が多かったんです。

(一般のお客さんは、千円ちょっとの客単価だったのに)

 

 

DSC_1383

 

 

 

・・・じゃあ、そんな有難いお客さんがやって来てくれる

そのウリはどうやってデキたのか?

 

売っていた商品が良かったから・・・?

勿論、その要因もあったと思うんです。

 

だけど、僕が思うに、そのお店のウリは後からできたモノでした。

ある事を意識的に行ったことで生まれたモノだった。

その意識的に行ったあること。

   ・

 
   ・
 
  ・

それが、手書きPOPでした。

「やっぱり、そこかい!」っていう感じですか?(笑)

でも、本当なんです。

手書きPOPをしていくことで、

 

「こんな所にこんなお店があったの!」

「オモシロいお店ね~」

「今度は、友達連れて来るわね!」

 

 

なんて、お客さんに言ってもらえるようになったんです。

そう、口コミや紹介まで起きるようになった。

手書きPOPを実践するだけで。

 

・・・ネットも使わず、アナログでできる集客法。

 

少し大袈裟に聞こえるかもしれないです。

だけど、手書きPOPを使ってお店に好循環を生み出せば、実現できるんです。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。