店主さんの人柄が伝わってくるメッセージには 敵いっこない

 

「発信するメッセージに親しみを感じられるか?」

ここって、スゴク大事だよなぁ、って最近つくづく思います。

 

「発信している人の人柄が伝わってくる、、、」っていうのかな、

 

そこが伝わるか?伝わらないか?

ここで、読み手への響き方って、ぜんぜん違ってくる、

そう思います。

 

 

今日のメルマガにも書いたんだけど(お昼過ぎに届きます)、

「メッセージに親しみを感じられるか?」

ココって、すごく大事。

 

手書きPOPはもちろんだけど、チラシにしても、DMにしても、、、

もっと言ったら、ブログとかフェイスブックとかで発信するメッセージでもそうですよね。

 

書かれているメッセージから、その人の人柄が感じられなかったら、、、

なんか伝わってこないですよね。

 

(・・・そんなコトないですか?)

 

 

書き手の存在が伝わるメッセージにする

 

昨日、ある魚屋さんに販促サポートに入っていたんですね。

 内容は詳しくお伝えできないんだけど、DMをリニューアルされる、っていうことで。

 

っで、冒頭の話をさせていただきました。

 

「言葉の選び方とかも大事なんだけど、
 何よりも大事なのは、●●さんのお人柄が伝わることですよ。
 
 ここに書かれるメッセージから●●さんのキャラが伝わるっていうか、

 読んだ時に、”あっ、あの魚屋のあの兄ちゃんだ!”

 そう思ってもらえることが、大事ですよ。」
 

 

 

っていう話をさせていただいたんです。

僕が毎月書いているこのレターをお見せしたりしながらね。

 

 

DSC_1344

僕が毎月書いている「手書き販促つうしん」~販促ノウハウ満載!、、、っていうより、臼井家情報がいっぱい(笑)

 

 

そしたら、スゴイ、

その店主さん、一発で把握されました。

 

「なるほど! そういうことですね。

 たしかに、そっちの方が親しみ湧きますもんね。
 なんとなく書くことがつかめました。」

 

 

ってね。

 

アッサリ(笑)

 

 

・・・少し前だったら、そうだったのかもしれないんだけど。

今って、言葉がけでお客さんの心を掴む時代じゃない、と思っています。

 

「インパクトのある言葉」

「目の留まるキャッチコピー」、、、

 

もちろん、こういうのも大事ですよ、

完全に要らない、って否定はしないです。

 

だけど、今のお客さんっていうのは、そこを求めているんじゃない。

もっと、もっと、本質の部分。

 

「このメッセージを届けてくれている人は

 どんな方なのか?」

 

「いったい、どんな人が?どんな思いで?

 このメッセージを届けてくれているんだろう?」

 

こっちだと、僕は思う。

 

逆に言えば、ココが伝わらないメッセージは、響かない。

どれだけ、キレイに洗練されたデザイン、、、

インパクトのある言葉が使われていたとしても、、、

 

店主さんの人柄が伝わってくるメッセージには

敵いっこない。

 

そう思います。

 

また、昨日の内容を基に、DMを書き替えてみる、

っていうことなので、また来月、魚屋さんにお邪魔するのが楽しみです。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。