もしも、本屋さんで手書きPOPを使うとしたら

 

前回、ちょっと記事に書いてみた

「もしも電器屋さんで手書きPOPを使うとしたら、、、」

  

これが意外に好評だったので(←臼井計測でかなり怪しいですが)

引き続いて、今日もいってみます。

 

「・・・もしも、●●屋さんで手書きPOPを使うとしたら」シリーズ第2弾、

本屋さんです。

 

 

・・・本屋さんといえば、手書きPOPの代名詞じゃないですか。

 

「1枚の紙キレを書籍のそばに置いただけで、売れ行き倍増!!」

「このPOPが、ベストセラーの火付け役になった!」

「1枚のPOPが、この本のすべてを物語る」

 

などなど、本屋さんでの活躍が手書きPOPを有名にした、

みたいなところ、ありますよね。

 

なので、小規模の本屋さんでも、手書きPOPを活用されているお店多いですよね。

 

  

そんな中、本屋さんで手書きPOPを使うとしたら、どんなPOPを付ければイイんだろう?

お客さんに喜ばれるのか?

購入してもらえるのか?

 

そんなコトをいつもながら、勝手に考えてみたんですね。

 

っで、僕が思ったコト。

それは、この2つ。

 

もしも、本屋さんで手書きPOPを使うとしたら、、、
 
.読んでみて、人(友だち、家族)に教えたいと思ったコトは?
2.この本をどんな人に読んでもらいたいか?
 

 

 この2点に意識をフォーカスしながら、メッセージを書いてみるといいと思ったんです。

 

 

DSC_1238

手書きPOPがあるだけで、お店の滞在が楽しくなる

 

 

 

1.読んでみて、人(友だち、家族)に教えたいと思ったコト

 

例えば、あなたがある1冊の本を読んでみたとしますよね。

っで、

 

「うわっ、そうだったの!」

「コレ、知らなかったー」

っていう部分はなかったか、考えてみる。

というか、何か1つそういうPOINTを探す。

 

っで、そこを手書きPOPのメッセージにしてあげるんです。

 

例えば、

「知ってましたか?」みたいなフレーズで書き始めてみて、

 

知ってましたか?
・・・実は、私もコレを読んで知ったんですけど、、、
 

 

みたいな感じでメッセージを書いてみる。

 

 

 2.この本をどんな人に読んでもらいたいか?

 

こっちは、ある意味そのまんまなんだけど。

 

あなたがその本を読んでみて、

「コレ、こんな人が読んだら、結構感動するんじゃないの?」とか、

「こんな人に読んでもらいたいよなぁ」

っていう人を、(自分なりにでOKなんでね)想像してみる。

 

っで、

 

こんな方にオススメしたいんです
この本は、■■■な人に読んでもらいたいんです。
 
というのも、●●●(理由)だったので。
私(●●名前)が、自信をもってオススメします。
 

 

みたいな感じで手書きPOPを書いてみる。

 

 

本屋さんに置かれているPOPのメッセージっていうと、あらすじを書かれていることが多いと思うんです。

それとか、本の表紙とかに書かれている、チョットわかりづらいキャッチコピーをそのまま写して書かれていたり。

それだと、どうしても独自化されたメッセージになりにくい。

 

他店でも、他の人でも書けるメッセージになっちゃんですよね。

 

なので、そこにもうチョット人間味を加えてみる。

POPの書き手(オススメしている人)の存在感を出してあげる。

 

そうするだけでも、POPを読むお客さんの印象って変わってくるはずです。

 

 

・・・昨日、本屋さんに寄りながら、ちょっとそんなコトを思ったことでした。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。