POPに書くメッセージは長くても大丈夫

 

手書きPOPのご相談によく、

「伝えたいことがまとまらないんです、、、」

というものをいただくんです。

 

おそらくなんだけど、

・POPに書きたいことがまとまらない、、、

・長くなる、、、

そういうことだと思うんです。

 

でね、思うんです、別にまとめなくてもイイんじゃない?

長くなってもイイんじゃない?って。

だってね、、、その理由はね、、、、

 

手書きPOPを書こうと思うと、多くの方がメッセージはスパッと短く。

キャッチ―(目が留まるような)言葉を使わなきゃ。

できれば語呂もよくて、、、

みたいなこと思われたりしていると思うんです。

 

・・・逆に言えば、メッセージが長くなれば読まれない、、、って思われている。

 

でもね、僕ここでもよく書いているけれど、長くても大丈夫。

POPで伝えるメッセージが長くなってもOKですよ。

きちんとポイントを抑えてメッセージを書いていれば、読んでもらえます。

 

あまりにも、POPをつくる時に、書く内容を短くまとめなきゃ、、、

そう思うあまりに書けなくなってしまっている。

そこで止まってしまっている方が多いように思う。

 

・・・じゃぁ、さっき言った、

「たとえ文章が長くてもポイントさえ押さえていれば読まれる」

っていう、そのポイントは何なのか?

 

 

POPのメッセージ、長くても喜んで読んでもらえる

POPのメッセージ、長くても喜んで読んでもらえる

 

 

それは、書いた方のキャラクターが伝わってくる。

そんな文章になっている、ということです。

書いた方の存在や個性が伝わってくるメッセージになっている必要がある、っていうことです。

 

・・・書いた人間の存在感?・・個性?

何、それ?

って、感じたとしたら、今から言うコトをちょっと試してみてください。

 

今、あなたが書いたPOPのメッセージ。

それをお客さんが見たときに、「あなたが書いた」って分かるかどうか?

「ここのお店の店主(社長)さんが書いたメッセージなんだろうな」

って、分かるかどうか?

ここをチェックしてみてみましょう。

 

極端に言えば、そのあなたが書いたPOPのメッセージが、、、

・他店でも使える

・商品名や店名さえ書きかえれば、他店で使える

そんなメッセージになっているとしたら、問題です。

 

お客さん、POPを読みません。

仮に読んでも、心動きません。

商品の購入に繋がらない。

もっと言えば、一度読んでも次からは読んでくれなくなるんです。

 

店頭に置く、ブラックボードも同じ。

 

・他店でも商品名さえ入れ替えれば使えるメッセージ

が、書かれているとしたら、お客さんは見向きもしなくなる。

最初は読んでくれても、次からは読んでくれなくなるはずです。

 

・・・どうしてか?

 

だって、読んでいてオモシロくないでしょう。

どこにもであるように感じるメッセージ。

それが書かれていても、オモシロくないでしょう。

 

「どうせ、商品売るために書いているんだろうなぁ、、、」

って、言葉や頭の中に思い浮かべないけど、直感的に感じてるはずです、お客さんは。

 

あなたも身に憶えあると思うんだけど。

お店とかでキレイにラミネートされている広告やチラシ、POP。

(化粧品売り場とかによくあったりするけれど)

あれらを読んで心動くことって、あんまりない。少なくとも僕はね。

「オモシロそうー」って、心が動くこともない。

単なる広告としてしか感じてないんで、僕の心に引っかからない。

「読もう!」っていう気にも、あまりならないです。

 

「読んでみよう!」

「他のPOPは、どうなこと書いてるんだろう?」

「また、次通ったら、読んでみよう」

そう思えるPOPやブラックボードには、個性が溢れたメッセージが書かれているはず。

そこのお店の店主さんにしか書けないことが書かれているはず。

・・・こんな言い方をすると、書くメッセージのハードルが上がるって思うかもしれないんだけど、

違うんです。

 

・あなたが感じたこと

・思ったこと

仮に、商品のことを書いているんだったら、

「その商品ついてどう思うのか?」

「どうして勧めるのか?」

あなたのコトバでメッセージを書く、っていうことです。

 

それが他店では書けない、あなたのお店だけのメッセージになるっていうことです。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。