あなたのコトバで手書きPOPを書く

 

いつも言っているんだけど、

手書きPOPで成果を上げるために必要なことは

「あなたらしい切り口でメッセージを書くこと」です。

 

あなたが書いたPOPを他店へ持って行って

そのままメッセージが他店でも使えるとしたら、、、

 

それは、なかなか反響を得るのが難しい。

心には響きにくいメッセージになっている、その可能性大です。

 

食べ物とかだったら、その商品につけるPOPの内容として、、、

「美味しい、甘い、こだわっている、、、」

とかの表現をつかって、商品の良さをアピールしている場合多いと思うんですね。

 

ただね、そこで言えるのが、

「美味しい、甘い、こだわっている、、、」を伝えるにしても、そこにあなたの切り口がないと、ありきたりなメッセージになる。

そういうことです。

 

たとえば、あなたがトマトを売ろうとするときに、

 

 
「高知産ミディトマト
 糖度9、スッキリとした甘さ!オススメです!250円」

 

って、手書きPOPに書いて売っていたとします。

 

ここのメッセージに書かれている

「糖度9、スッキリとした甘さ!」っていうのは、他店でも使える表現でしょう。

違うトマトを売っていたとしたら、糖度の部分の表記を「糖度8とか10」に変えてPOPに書いても売れる。

全然違和感ないメッセージになっているでしょう。

 

・・・これじゃあ、なかなか響かないんです。

どこにでもある、他店でも使えるメッセージになっているんで、読んでも心が動かない。

 

もっとあなたらしいメッセージにしようと思ったら、例えば、 

 
「うちの社長、加藤が絶対とれ!って言うんで仕入れました。
 お蔭さまで売れているんで、僕も一安心です。 高知産トマト250円」

 

 こんな風にしてみる。

これだったら、このPOPを他店へもっていっても、そのままのメッセージでは使えない。

文章を真似することはできるかもしれないけれど、加藤社長はよそのお店にはいないし、あなたも1人しかいないから。

だから、よそのお店では発信できないメッセージになっているんです。

 

 

他店では使えないメッセージにする

他店では使えないメッセージにする

 

 

もしも、商品名や店名を変えれば、そのまま他店でも使えるPOPになっているとしたら、、、

それは、要注意です。

響かない可能性になっている危険があると思っていもいい。

 

まずは、チェックしてみよう。

今書いている手書きPOPのメッセージ。

それは、他店で使えないモノになっているかどうか?

 

そして、あなたのコトバで発信したメッセージにしていきましょう。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。